東京のびのび教室 「こどもQ&A・スタッフ日記」〜子どものキャンプやスキースクールなどの紹介。また、スタッフの日ごろの活動日記や質問コーナーも公開。〜
こどもQ&A スタッフ日記一覧

更新日:2014年10月6日(月)

子どもの鉄棒逆上がりステップアップ(2)

クリックで拡大 台風が近づいていますが、参加者のみんな雨にも負けずによく頑張りましたね。とってもカッコヨカッタです。先月9月からの体操教室ステップアップクラス・鉄棒その2の連続受講です。雨の中ですが、画像の通り屋根付きスペースでの開催ですので、悪天候でもアウトドアスポーツが楽しめます。東京のびのび教室では、教育と側面で保育の立場でお子様お預かりも担っていますので、ご両親様のご都合が合っても、しっかり子ども達を日曜日の一日お預かりしています。もちろん、ただお子様を大切にお預かりするだけではなく、スクールレッスンを行うのが特徴です。今回は、前回の鉄棒レッスンの続きですが、4歳のお友達で初めて鉄棒を触るお友達もしっかり鉄棒の基礎から、前回り、そして今回の補助なしでの脚抜き回りもマスターしました。やる気スイッチからモチベーションも上がり見事完成です。小学生のお友達は、初めての逆上がりであと一歩でしたが、最後の最後の練習で生まれて初めて補助なしで逆上がりが出来た時の「あっ。出来ちゃった!!」と。あのふとした瞬間の出来たという感極まった声と微笑み忘れません。年齢問わず、そのお子様に合わせてじっくり指導しています。今日は雨の中で、4歳のお友達だけではなく小学生にも、移動やお支度、お着替えなど大変だったでしょう。お疲れ様でした。こんな時に以前頂いた感想を思い出しました。『お世話になります。いつも迅速かつご丁寧な連絡を有難うございます。先生もお元気そうで何よりです。偶然、公園でお見かけした時も相変わらずの厳しさと愛のあるレッスンで懐かしく遠くから眺めさせていただきました。このような時代で万人に受けいられ賞賛されるようなレッスン、教育の仕方ではないかもしれませんが、ポリシーをまげずまっすぐ進む先生の姿は素敵です。娘たちにもやっぱりそういう人からスポーツそのものだけでなく生きて行く上で大事な何かを学んで欲しいと思います。』本日のレッスンは雨の中。単に体操教室の鉄棒だけではなかったと思います。当教室では、他の習い事と異なり水泳やピアノと言った単科ではなく、総合教育を目的としており、生活巧緻を始め体操の種目も跳び箱、鉄棒、縄跳び、スイミング、ボールなど様々なスキルの向上を求められます。そこが良い処であり、大変なトコロでもあります。教えると伝える、待つスタンス。どれもバランスが必要です。「疲れたように見えましたが何か頑張っているのか、吹っ切れたのか分かりませんが、ハイテンションです。本日も大雨の中、ありがとうございました。(その後、弱気な発言をしておりました。)」「お風呂にたっぶり、入れておりました。雨でも風でも、生きていくには、共存です。先生から、大変、素晴らしい機会を頂けてます。昨日は、近くの小学校で、何度も鉄棒練習していましたが、出来ませんでした。^^;悔しいがりや、です。」様々な貴重な意見であり本心であり、各ご家庭のご教育方針だと感じます。それを受け入れるのは、私どもですし親の甘えやまやかしでも無いと思います。ご父母の皆様同様にポリシーを曲げずに指導に当たっています。ですが、そこには必ず相手がいらっしゃいます。指導には受け取る側の問題もありますので、どのような指導のカタチであれ、そのご受講される方が良いと思い、結果が出るのであれば、手段は問いません。そのご家庭のご教育方針に合わせて指導するのが良いと思っています。これは決して信念を曲げている訳でもありません。私共として最大限に理解をしているのです。当教室は東京日本橋の少人数会員制のお教室です。しっかりとお顔の見える関係を築き、ご参加の皆様のご意見も取り入れて、真剣に子ども達と接し信念を持って携わりたいと考えております。雨の中お疲れ様でした。熱く語ってしまいましたが、雨の中でみんなの頑張りがつい目頭を熱くしてしまいました。完成の続きは、個人レッスンでも次回の体操教室でも、さらには冬休みと春休みのスキー教室でもいつでもみんなの挑戦を待っています。その時まで、先生も鍛えておきますから。御足元の悪い中のご参加、ならびにご送迎ありがとうございました。

更新日:2014年9月30日(火)

年間型ハイパーサポート体操教室も鉄棒

クリックで拡大 『皆様からの感想を掲載しました。』
今年度春からスタートした年間型ハイパーサポート体操教室の第3回目のレッスンは、鉄棒前回りから逆上がりまで体得します。すぐに目で見えて出来る様になる結果も必要ですが、長い目で見て子ども達の成長をサポートする「後のび能力」を付けさせるのも、唯一の年間型のクラブだから出来るものだと確信しています。先日の金曜日に、昨年度本クラブに在籍のご家庭より、水泳の息継ぎを個人レッスンで習いたい。とのお申し出がありました。大手スポーツクラブのスイミングに通っているようですが、何度か水泳検定に息継ぎで落ちているようです。そこで、前日の夜に90分の個人指導を行いましたが、本人曰く「スポーツクラブではこんなに教えてくれない。」と。これでは泳力検定も不合格になるのも当たり前。大手スポーツクラブさんはこんなところで儲けているのかな?と思うくらい。当教室では、出来る様になる結果を最短経路で学び体得していきます。今までの自分流ではなく、しっかり基礎から学び直します。翌日のスポーツクラブさんのスイミングテストでは見事合格!!『昨日は個人レッスンありがとうございました。お陰様で今日のプールのテストに合格することが出来ました。私の目から見ても以前とは見違えるほど、後半綺麗に泳いでいました。本人の話では25メートルを三回泳いだそうですが、最後まで全然苦しく無かったそうです。このままカッコ良く泳いで欲しいと思っています。』と嬉しいご連絡を頂きました。個人レッスンの短い時間ですが、これも今までの長い継続した習いが実を結び、合格への最短経路であるコツを指導し学んだからこそ達成できたのだと思います。昨年度の年間クラス在籍のお子様ですが、昨年よりもずっと大きく成長しています。また、前回の鉄棒でも、昨年度の本クラブ在籍のご学友が今まで逆上がりが…。でも、今年はノリノリで見事すぐに完成へ。継続や長い目で見ての子ども達の能力を伸ばす事も必要で総合調整力を目標としています。その為、すぐに目に見える結果よりも、これからも長い目で子ども達の成長をサポートしていきたいと思います。画像は、先日の日曜日の体操教室の光景ですが、4歳の幼児のお嬢様ですが忍者みたいですね。(喜)でも、本日もスクールに来る前から、鉄棒もほとんどやった事が無く涙、涙で…。やるorやらないは自分で決めさせています。もちろん適度に先生や仲間たちも声掛けをして、レッスンに促しています。(このお嬢様は、事前にご父母様とお話をしてすぐにレッスンに入れるでしょうとお伝えました。)もちろん、自分で決めてレッスンを受講し見事前回りから、補助ナシでの脚抜き回り、最後には補助付きですが逆上がりの完成形までマスターできました。やれば出来る様になりますしやらなければ…。チャレンジバイチョイスですが、本当によく頑張りました。そこで、夏にご参加で昨年年間クラスに在籍の方から素敵なメールを頂きました。ご紹介します。『先日はデイサマースクールでお世話になりました。さっそく、「ジャンプロープ(なぜか英語?)していい?」と姉からリクエストもあり外出する時は持参しちょこちょこ跳んでいます。公園で鉄棒も「見ててー。こうっ、こうやってお尻を押してね!!」と指導されてます。とにかく二人とも素直で、新しいことができるようになるととても嬉しく、短いレッスン時間でしたがいい刺激を受けてくれました。一時帰国なのでもともと何か出来るようになってほしいとレッスンに臨んだのでなく、久しぶりに先生の愛情のある厳しい指導を受け何か感じてくれたら十分と思ってました。出来ないことにも真面目にコツコツと取り組む、どうやったら上手にできるか試行錯誤しながら挑戦する、努力する大切さ、姿勢はなかなかアメリカでは学べないように思います。なのでスイミングとデイサマー、2日間だけでしたが参加できてよかったです。娘も先生のことを信頼しているのが先生を見つめる目からひしひしと伝わってきました。スイミングの日はただ妹の頑張ってる姿は可愛いので見たくてずっと後をつけて歩いて行きましたが、スポーツセンターにつくまでりゅうお先生は喋りっぱなし、横断歩道の渡り方や道の歩き方、途中の雑談も含めてほんと手抜きをしない、というか出来ないんだなとつくづく感心しました。それだけ子供達にスポーツに関してだけでなく伝えたいこと、教えたいことがたくさんあるし、子供達がしっかり一人前に生きていけるように成長を望んでくれているのがわかりました。なので安心しておまかせしてるのですが。スイミングから帰ってきて木場公園で娘たちを迎えた時も妹がとても集中して歩いて先生の後をついてきていて、そしてゴールしてリュックを下ろし水筒をとりだし水を飲んでる表情は達成感と自信に溢れていて、ほんと頑張ったと思いました。妹は次女なので甘えん坊で、要領もよく、かなり得キャラです。でもスイッチが入った時の集中力や根性、負けん気は姉を越えるものがあります。なので先生のおっしゃる通りこの夏に合宿もお願いしようかとさんざん迷いました。ただ、4、5歳の子にとってのびのびの合宿はかなりの頑張りを要求され、もちろんだからこそ伸びるし価値があるのですが、合宿から帰ってくると「もう来年は行かない・・」と姉は言いました。普段のパークスクールも同じです。今回のデイサマースクールの前の日も姉が「明日、行きたくないな・・」とかなりテンションがさがってました。そして当日集合場所に向かう車の中で妹も「縄跳びはしないでいい?」と何度も聞いてきました。遊びでなくスクールなんだと娘たちもわかっています。解散の時まで出来ないことから逃げずに頑張ることを要求され、手抜きも許されないことをよくわかっています。なので行くまでがかなり気が重いのです。でも解散時にはすっかりりゅうお先生ワールドにどっぷりつかり、やり遂げた達成感、出来なかったことが何か一つでも乗り越えた自信でいっぱいで目がキラキラしてます。そして私に出来るようになったことを見せてくれます。今回の二回もまさにいつものこのパターンでした。話しはそれましたが、妹がもしのびのびの合宿に人生で一度だけ参加するなら今年でなく来年と思いました。来年の夏に前向きに検討したく思います。なかなか一歩何かをする気力がなくだらだらと時間が過ぎているのが現状です。でも、この夏の参加させていただいたのびのび教室の2回にはほんと満足してます。娘たちの中にスポーツの技術だけでなく何か残っていると確信してます。』ありがたいお話です。いつもありがとうございます。この様に、短期で出来る様になる結果は、本人の頑張りや講師陣の雰囲気だと思います。そこで、今年度ハイパーサポートクラブにも、昨年に継続して年間クラスに籍を置いているお子様も居ります。先日、以前担当していたスタッフより『スキーの時、できたことに喚起余って号泣する姿がこんなにも笑えてしまう子はこの世に彼しかいないと確信しています。(笑)皆、元気かな〜あの頃3歳ぐらいだった子達がランドセルしょってるなんて…時間が過ぎるって早いですね。』と連絡を貰いました。これからも、長い目で子ども達や仲間と一緒に過ごし成功や成長を見届けられるのでハッピーですね。最後になりますが、『内容はどうだかわかりませんが、見た目にはせっせと自力で進んでいる様子です。これも小さい時からのびのびにお邪魔して培われた体力や、なにより先生と個人的に話をした事などがやっと結実したと感謝しております。結果が出ればさらに嬉しいですが。』これは、幼稚園の幼児年中から中学3年生まで11年間在籍し、高校生でサブリーダーを経験し、現在大学受験中のお父様よりのご連絡です。初めての出会いは、3兄弟の末っ子のお子様がまだお母様のお腹の中にいた頃です。その末っ子のお子様も現在は中学生。もちろん、冬休みスキー教室にもご参加をお申し出頂いています。長い時間だと思いますが、しっかり向き合って真剣に子ども達とそしてご家族の皆様と末永くお付き合いさせて頂いている証拠ですね。いろいろありますが、懲りずに何時でもお顔を見せて下さいね。本題の本日のレッスンですが、秋晴れの心地良いお天気の中、鉄棒レッスンは、オリジナルのレッスンカードにたくさん合格スタンプを押してもらって、鉄棒の前回りから逆上がりまでみんな頑張りましたね。思ったよりハイペースで体得できています。これも、夏合宿で鍛えられた挑戦する気持ちからでしょうか?やるorやらないは自分で決めます。やれば出来る様になりますし、やらなければ…。無理やりやる事はないと思います。大切なお子様をお預かりしているのですから、無理強いはしたくありませんので。お話を聞いて理解する事。これは今日の紙芝居でも再三伝えています。お話を理解できなくては、技が出来なくなるだけではなく、事故が起きるなど危険ですから。「安全を徹底して」いるからこそやるorやらないは決めて行けば良いのだと思います。(やらなくてもその場からは逃げずに見学対応です。)次回来月もあります。鉄棒の完成を目指して、みんなが逆上がりでなくてもイイと思います。一人ひとり、それぞれの目標設定やその先にあるやるべき事に向かって。子ども達の成長をテーマに活動しています。身体だけではなく心の成長も…。本日もみんな本当にがんばったね!次回、来月のレッスンで完成を目指します。いつもより長い日記を読んで頂きありがとうございました。すぐに見える結果も大事。長い目で伸びる能力も大切。どちらもバランスが必須で、その舵取りをするのがご両親であり指導者(コーチ)であると考えています。これからもお子様を大切にお預かりする事をお約束します。

更新日:2014年9月25日(木)

初めての前回りから逆上がりまで子ども体操教室

クリックで拡大 9月は23日の祝日もパークスクール体操教室を開催しました。火曜日の祝日なのでちょっと普段の日曜日と違った様子のスタート。日曜日はご都合でお越しになれない方もご参加になる事が出来ましたね。幼児の4歳と5歳のお友達が中心となって集まりましたが、年長さんや小学生のお友達も本日の課題テーマの鉄棒ステップアップクラスです。まずは、みんな沢山沢山褒めて上げて下さい。本当によく頑張っていますから。4歳でも最後まで諦めず、しっかりレッスンに向かっている姿は素晴らしいです。これも、ご家庭でのご教育の賜物だと実感しております。本当にありがたい事でございます。今まで鉄棒をやった事が無い幼稚園の4歳5歳のお友達から、昨年ハイパーサポートクラブ在籍の逆上がりを挑戦するお友達も少人数制の為、基礎からしっかり、そして個人レッスンへと授業が進みます。本日は良いお天気です。やはり屋外でのレッスンは気持ちが良いですね。何か惹きつけるモノがあり、子ども達も夢中になれます。まずは、午前中は全員で鉄棒の基礎をしっかりおさらいします。出来るからと自分流ではなく、先生の指導の元で行います。これが、コツであり、出来る為の最短のコースを習うのです。出来ないには訳があります。では、出来るには?簡単な様で実は教えて貰っていない、ここで基本をしっかりおさらいします。幼稚園、保育園や小学校では、きっと教えてくれないのですよね。何でも一度は基礎から習っておいて損はないと思います。鉄棒の安全な握り方から、理論に適った鉄棒と体の重心の位置。こんな単純な事ほど教えてくれないもので、見て習えと言うトンチンカン通説がまかり間違って幅を利かせて通っているのが事実です。きちんと通って習って正解だと思います。お昼は、お弁当タイムで先生と楽しく食べます。今回は、お天気も良いので冒険タイムで公園を探検しました。今日は、ドングリやザリガニ。(ドングリコマは休憩中楽しかったねっ。)午後のレッスンは、気持ちを入れ替えて初めての前回りチームと逆上がりチームに分かれて、また低鉄棒の高さも一人一人に合わせてレッスンが進みます。これは少人数制ならではの対応。もちろん、20分に1回程度は休憩を挟みます。身体のトレーニングもありますが、心の筋トレも。みんなの出来る様になりたいと思う気持ちが、最後の到達度テストの出来たカタチになったと思います。初めての前回りは初めは怖かった事でしょうが、最後は補助なしで見事1日で完成が出来ました。とても立派です。春にご参加の時よりずっと辛抱し頑張っていると思います。ゆっくりゆっくりで良いです。あわてないで行きましょう。時間が掛かっても良いではないですか!その子なりのペースがありますし、みんなとの行動も少しずつでも合わせる事が出来ています。昨日は、今までに無く頑張っていましたよ!!ご理解を頂けるのであれば、そっと優しく包んで、メリハリをつけ、少しずつでも体操のレベルアップと生活のスキルアップを目指してみませんか?指導については、厳しくするのではなく、あくまでしっかり身に付けなくてはいけない部分は訴求し続けます。これからは、きっと「出来た!」と喜びに変わると思います。そこまで来たら、きっと来るのが楽しくなる時期に入るでしょう。もう少し頑張ってお付き合い下さいませ。肝心の逆上がりチームは、連続受講でもご都合で次回はお休みなのでモチベーションが違いますね。心の筋トレです。まだまだ動作不安定ですが、補助付では軽々完成。レッスン終了後のご両親との自主練習では「一人で出来た!」と嬉しい声が沢山上がりました。あとちょっとのお友達も、いつか必ず完成させましょう。約束します。次回10月5日の鉄棒ステップアップクラスは、現在で参加者3名です!!少人数制の為、そのお子様により課題のテーマを決定しますが、次回は、さらに個人レッスンが中心ですので、補助付きの逆上がりでも完成出来れば、きっと幼稚園や小学校で人気者になれるはずです。少しずつゆっくりゆっくりで良いです。人は人自分は自分のペースで行きましょう。そして、しっかり受け止めて指導していきたいと思います。冬に備えて縄跳びのレッスンもお申込み受付中です。まだお席がありますので皆様ご参加下さい。今週末は、年間型ハイパーサポートクラブです。共に全力で向かいましょう。

更新日:2014年9月17日(水)

小学生アウトドアスポーツアスレチック大作戦

クリックで拡大 幼稚園や小学校の2学期も始まった9月に入っての第二回目。日曜日の習い事パークスクールレッスンは、アウトドアスポーツクラブでした。9月の3連休に元気に開催。15日は小学生以上のプログラムなので、例年の開催場所からダイナミックな活動場所に急きょ変更しました。ご参加者の中には、幼児からご参加になりアスレチックに何度も参加してきた方や行ってみたかったので丁度良かったと言って頂ける方まで。四季折々の活動でも、そのメンバーに合わせて活動場所も変更できる小回りに聞く運営体制は、少人数ならではであり、会員制でお顔の見える関係を築いているからこそだと思います。他団体さんや他のお教室ではこうはいかないでしょう。今年の夏休み男旅のメンバーがまた参加者が入れ替わり集結。生活面はバッチリでも、まだまだやる事もあり大変でしたね。気づきはあるので、長い目で頑張っていきましょう。東京駅から徒歩で大手町に。そこから急行に乗ってすぐに到着。駅からはタクシーでアっという間に移動が出来ました。ご家族程度のお預かりですので、こんなところも手厚いですね。11時過ぎには到着しましたが、子どもの意見尊重で「先に昼食のお弁当を食べ、その後、思いっきり楽しみたい!」との事で、みんなでサクッと食べ、デング熱対策で虫よけスプレーなどもバッチリ。毎年参加のメンバーはアスレチック用の替え靴まで揃え、履き替え準備万端。準備体操の後さぁスタートです。最初は遊具で気持ちも整え徐々にペースをアップして難易度の高い種目へ。いつもの通り、「やるorやらない。」のチャレンジバイチョイスは自分で決めて最後までやり通しますが、今回のメンバーは全てチャレンジし見事クリアーです。さすがは小学生の男旅チームですね。でも、ウォーターハザードに近づくとちょっと迷っている姿も。思い思いのアスレチックから攻略していきますが、この心の葛藤が子ども達の成長過程で必要ですし、強く逞しくするものだと思います。やれば厳しいですし、やらなけ後悔が残る。エリア内を安全管理しながら自由に任せました。でも、ほとんどクリアーしました。出来なかったのは並んで混んでいた「たらい渡り」くらいでしょうか?ヒヤヒヤしたものの頑張りました。残りのアスレチックも次々にクリアーして「アリの巣」は某テレビで撮影された事もありみんな楽しかった様です。最後50ポイント目のゴールは、「SASUKE」さながらのターザンロープからネット飛び移りは格好良かったです。更衣室で着替えをしておやつタイムが終わったら、タクシーで帰ると思いきや、子ども達から歩いて駅まで行く!!とこんな処も逞しくなったと実感しました。歩いて10分程度の下り道です。でも、普段使わない筋肉を使った疲労感で、一番難関だっのは、帰路の駅までの下り坂でしょうか?(笑)子どもながらに筋肉痛でして…。普段でしたらお散歩程度の楽しい道のりですが。やり遂げた後の顔は一回りも大きくなった様ですね。今日一日を物語っています。帰りも急行に乗って東京駅まで時間通りに到着できました。小学生チームなのでプログラムが充実しています。お着替えやお食事、移動がサクサクでいます。今までのご家庭や合宿の成果の賜物ですね。秋の連休も体操教室の縄跳びや鉄棒を始め、陸上スキートレーニングや、登り棒・うんていまでトレーニング。冬休みスキースクールのバッチテスト合格が出来る様に、今から心と身体を鍛えていきましょう。会員制のお教室は信頼関係で成り立っています。冬休みスキースクールの前に一度お時間を作って頂きお顔合わせをしてみては如何でしょうか?みんなの大好きな先生達も来るから楽しみに待っていてね。次回9月23日(火祝)は体操教室縄跳びです。連続受講される方が少ないので、10月5日のみのご参加も受付ています。スポーツのレベルアップと生活のスキルアップ。どちらも心と頭と身体も成長させます。信頼できる先生がいる東京日本橋の会員制のアウトドアスポーツパークスクールのお教室です。毎週週末の日曜日に開講しています。お子様お預かりスタイルなのでご安心下さい。お仕事でお疲れのお父様お母様もたまにはゆっくりした休日をお過ごし下さいませ。
追記:途中で栗拾いも行いました。こんな四季を感じるアクティビティもレッスンの合間に感じて伝えています。栗拾いの栗の開け方ひとつ指導しないといけない時代。でも習い事だから出来なくても当たり前。一度は参加しておいて損はないと思います。

更新日:2014年9月9日(火)

子供体操教室の秋の運動会対策スタートダッシュ

クリックで拡大 2014夏合宿サマースクールも無事に終了し、本日の日曜日より秋の体操教室が新開講しました。今日はあいにくの空模様。小雨にも負けずに、秋の運動会対策かけっこ徒競走のレッスンです。もちろん、アウトドアでのレッスンですが、雨のため屋根付きスペースにて開催します。しかも今回は、いつもの公園から飛び出して20メートル計測も出来る広いスペースに移動してレッスンを行いました。雨も気にせず普段通りにレッスンが進みます。屋根があるから安心ですね。さて、夏合宿お疲れ様でございました。大きな壁を乗り越えご参加の皆様は、必ず秋から結果が出て来ると思います。もちろん、その結果を出すのは小職プロの役目。しっかり責任を持ってご指導致します。夏合宿でお疲れなので、秋のレッスンは参加者が少ないかな?と思っていましたが、新学期早々の日曜日の子ども達の習い事は7名集まりました。少人数制の8名募集ですので、ほぼ定員通りに募集受付終了。直前でもお席が間に合った会員様もいますので、諦めずにご予定が空いたら前日でも、週末は日本橋事務局がお休みですが、カスタマーダイヤルやホームページのフォームよりお気軽にお尋ね下さい。空きがあればいつでも歓迎します。さて、今回嬉しかったのは、8月の後半のサマースクールにご参加になった、チャレンジキャンプと男旅のメンバーが集結。どちらも、ご家庭での感想は「夏合宿中の生活面がボロボロだった。」と伺いました。そのこと自体を認識しているので、まずは素晴らしいです。さらに、そこで諦める事無く、今日ご参加頂いたのは正直涙が出る位です。夏合宿の想いが伝わったと思います。ありがとうっ。でも、今回のレッスン終了後には、笑顔で「日帰りは生活も無いから楽勝!!」「生活と言っても夏の合宿を乗り越えたから簡単だったよね。」と、こんなところでも成長が見られますね。実際、今回は夏合宿サマースクールにご参加の方とそうでない方。どちらも同じ対応でレッスンが進みますが、何と言えばイイのでしょうか?ヤル気や行動やお支度に歴然とした差が見られました。夏合宿にご参加した子ども達の優越感と、そうでないお友達の懸命な姿。どちらも美しかったです。さて、20メートルの計測で、何も指導していないタイム、上半身だけのタイム、上下のコンビネーションとスタートダッシュを指導後のタイムを計測しました。最後は、男旅のメンバーの真剣な走りの戦いです。画像も撮りましたが、一方はスタートダッシュが早く、一方は中間の伸びからゴールが早い。本当にほぼ互角の戦いでした。リレーの候補生と伺いました。いつまでも男を忘れずに(ジェンダーではありません。)輝き夢や希望を持って果敢に挑戦して行けば、見えてくるモノがあるはずです。参加者全員見事タイムアップできました。解散時の保護者説明会では、コッソリ運動会対策の秘訣も伝授し個別説明面談も行い無事に終了しました。最後に、早くも2014冬休みこどもスキーテックin菅平高原スキー場のお問い合わせが聞かれます。今年は、皆さんやる気満々で、秋のトレーニングも間もなく定員募集終了です。2014サマースクールと秋の陸上スキートレーニングにご参加の皆様は、ご希望のスキーレッスンクラスを確保する事をお約束しています。現在、最終調整中ですので9月末にはご案内できるようにスタンバイしております。まだまだ秋からも子ども達のチャレンジや旅は続く…。秋の体操教室鉄棒・前回り基礎から逆上がり応用まで。縄跳び・前回しから連続二重跳びまで。少人数制で個人指導中心のしっかりサポートがちょっとした自慢です。まだお席に余裕があります。「出来た!」を合言葉に、レッスンに励み冬休みスキー検定バッチテスト合格まで一気に行きたいですね。今週末は、アウトドアクラブ(アスレチックに行こう!)を開催します。まだお席に余裕があります。会員様は、今年度より共通クラブチケットのご利用が出来ますので、体操教室だけではなくご参加も可能です。多各面から子ども達の成長を支援し自信へと繋げます。夏合宿参加者は、大変だった思い出だけではなく、ここで自信に変えてみませんか?男旅やチャレンジのキャンプはこれからもまだまだ続きます…。

更新日:2014年8月29日(金)

最終日終了長い男旅はまだまだ続く

クリックで拡大 かわいい子には旅で育てよ。男旅は「生きていく、生き抜く術を伝える」宿泊合宿の旅でした。本日夕刻の男旅の修了をもちまして、今夏2014夏休みサマースクールが全て無事終了する事が出来ました。ご参加の皆様誠にありがとうございました。如何でしたか?宿泊夏合宿サマースクールは?分岐点、合流点、出発点、そして終点。すでに出発時にも保護者説明会でご説明の通り、想像とは異なりきっと楽しいだけでは無かったと思います。それより厳しかった合宿だったと思います。単に楽しむだけでしたら、他団体の方が良いですし、イベントでも遊園地でも行った方が良いと思います。合宿所は学宿所。習い事として、生活面からビシッと指導し、アクティビティに向かうプログラムです。他団体と比べるのはいけないかもしれませんが、良く聞かれるのは「○○のサマーキャンプに行かせたので自分の事は出来るので大丈夫だと。」それでも、当教室の宿泊合宿では厳しい一面も。100名などの大人数の中でのご参加では、当たり前に出来ている事でも大勢に流されて出来た様になっただけ、出来たフリになっています。当教室の合宿所は、今回の男旅は参加者4名。トコトン先生の目が行き届く環境だからこそ厳しいのですが、だからこそぐんぐん伸びるのです。先生も参加者も緊張感をもって毎日生活します。どうぞお帰りになりましたら、優しく包んであげて子どもの声に耳を傾け褒めて上げて下さいね。よく戦い抜きました。一週間も親元を離れた生活が当教室で出来れば何処へ行っても十分過ぎる位に成長しているハズですから。今回の男旅は、男旅への準備と言う位置づけ程度でしょうか?まずは、生活面で厳しく乗り越える事が多いメンバーでした。もちろん、すでに当教室で活躍中の経験者はやりたい事をのびのびと。「これって?本当に男旅なの?」と言う言葉が出て来る位でした。今回の合宿では、気づきが沢山ありました。それは「きっかけ」と言うカギです。合宿所にもあった宝箱が日常生活にもたくさん落ちているはずです。鍵はもうすでで手に入っています。それを見つけ開けるだけ。明日からトレジャーハンターになった気分で楽しんで下さい。成功はそこにあるはずですから。これが継続する事に繋がります。辞めるのもご自由ですし簡単です。投げ出す前にまた挑戦してみましょう。現地でも子ども達に、解散式には保護者にもお伝えしましたが、この先の心配や不安は誰にだって沢山あります。遠くの未来に怯えているよりも、手を抜かずにを生き抜いた事を誇りに思って下さい。生きる事は簡単です、でも生き抜く事は難しいです。画像は、海岸に漂着していた自由の女神像です。(最後の写真はこれがイイと子ども達がセレクトしたので印象的だったのでしょう。)ビーチコーミングで参加者が見つけました。ここまでたどり着くにはきっと海で波に流され大変だったと察します。何処から来たのか分かりませんが「どこまで自由すぎる女神なんだっ!」と笑い話でしたが、また動けなくなりました。(笑)でも、子ども達がクラフトでキレイに飾り付け電飾で明かりも灯りました。動けなくなり不自由かもしれませんが、きっと居場所を見つけられたのではないでしょうか。男旅をはじめ合宿で出会えた奇跡を祝いましょう。歓喜の歌と幸運の舞。僕たちは戦った。果てしなくけわしい旅で何をわかりあえたのだろう。みな何かを背負って明日に向かって生きる。離れても 体の中、熱さが残り。もういやだと叫んでいた燃えるような日々は流れてゆき何もない退屈な日々へと姿を変えていきます。合宿の為に合宿をやっている訳ではありません。あくまでも、毎日のご家庭での日常生活の戻りしっかりと自立と自立が出来るように。本当にお疲れ様でございました。来週末(9/7)よりまた秋のパークスクールレッスンが始まります。初回スタートは、体操教室秋の運動会対策短距離走かけっこ・スタートダッシュです。秋からもまた「位置に付いてよ〜いスタート」始めてみましょう。またお会いしましょう。ありがとうございました。
追記:解散後の個別面談3者カンファレンスでは、御一組30分以上もご説明をし、お待ち頂き感謝しています。長期合宿で多岐にわたる事ですし、説明責任がございますのでお許し下さい。お母様やお子様が涙する場面も…。心が痛みますが、大丈夫。泣かないで。今回の合宿を糧に自信を持って共に成長し前に進みましょう。逃げも隠れもしません。いつでも傍にいますから。

更新日:2014年8月28日(木)

新たな挑戦の子ども男旅2014第5日目

クリックで拡大 本日8月28日夏休み子ども男旅5目でございます。合宿期間中のお天気はあまりよくないです。雨もポツポツと降っており、合宿所での大広間では軽く暖房を付けています。お洗濯物も早く乾くでしょう。さて、本日はやっと遠出が出来ました。本来であれば、男旅ですので毎日どこかに出掛けたいのですが、初めてご参加の方を中心に生活面で追いついていないので、独習や普段の生活でいっぱいいっぱいでした。そんな時でも、常にチャレンジする気持ちを持って果敢に挑戦していく姿は美しかったです。でも、正直気分を変えて遠出をしたいところでした。メンバーからも、最後はチャレンジしたいとのことで、千葉最高峰の鋸山ロープウェイではなく徒歩での登山を計画していましたが、、悪天候の為、みんなで相談して変更し、千葉県金谷から神奈川県久里浜までフェリーに乗車して旅をしました。画像では、子ども達が、甲板(デッキ)でカモメと戯れている様子です。このような初体験も挑戦です。やろうとする気持ちから自信を育みます。フェリーに乗っているだけかもしれませんが、対岸の神奈川県に到着した時の嬉しそうな顔つき。忘れられません。また千葉県に戻り、チャーターした車で海辺の大温泉へ。海が真横で遠くにフェリーや今来た神奈川県三浦半島も望めます。気持ちもスッキリさっぱりしました。合宿所のまでの帰りは歩いても10分掛かりませんが、またチャーターした車で1分もしないで到着。夕食は「男の麺」を作りましたが、何がOTOKOだったのでしょうか?夕食後は自由時間です。最後の夜を思い思いで過ごしました。最後の夜だからと言っても特別な何かをやる訳ではありません。合宿の為に合宿を行っているのではなく、あくまでもいつもの通常の日常生活のワンランク上を目指す為に。明日東京に帰着予定です。お迎えを宜しくお願い致します。

更新日:2014年8月27日(水)

振り返りまた全力で進む男旅4日目

クリックで拡大 子ども男旅は、中日を越して最終日へと近づいています。4日目の合宿所はあいにくの曇りで所々小雨が降っています。ちょうど、みんな緊張感を持って毎日過ごしていますので、お疲れの様子。本日は、合宿所内で海と山のクラフトや塩作り自由研究や夏休みの宿題・ドリルと体操教室の個人指導、縄跳び二重跳びと秋の運動会対策かけっこ・長距離走、お昼寝の時間に充てることにしました。本来であれば遠出で男の旅に出掛けたかったのですが…。しかし何と言っても、メンバーのやろうとする気持ちが変わってきた一日でした。集中力もありますし、お話を聞いて行動する指示行動もしっかりと身に付き、夜の探検の帰り道では、子どもたち自身が「このままでは終われない。何か新しいチャレンジをして出来る様になって東京に帰りたい!」と言う言葉まで出てくるようになったのは微笑ましい一場面でした。これも、合宿所での共同生活から生まれてくる賜物です。もちろん、今回の参加者のご両親様よりのオーダーで体操教室のレッスンも行って欲しいとのご希望を賜り、昨日までに引き続き鉄棒の逆上がり、縄跳びの連続跳びから二重跳びへ、運動会対策のかけっこと長距離走(マラソン・ジョグ)のコツをマスターしました。特に、初めて二重跳びが出来たお友達は、モチベーションが上がりました。こんな自信もきっかけとして出来た事に喜ぶだけでなく振り返り、また前に進みます。毎日一日一日の積み重ねです。昨日でも、明日でもなく。画像は、クラフトを行っているお子様です。3歳からご参加になり現在小学校5年生です。夏合宿だけで無く毎年毎回何度も何度もご参加になっています。工作も、自分からやりたい事を見つけて本日は、ロープワーク(結び)の標本作りを自ら行っています。この時の集中力は物凄かったですし、何より自分から研究する姿は圧倒されました。どんなことでも、きっかけとして、積み重ね継続できればきっと大きな力となるでしょう。本当によく頑張った一日でしたね。明日こそは、遠出に行きたいのですがお天気が心配です。気分を変えてロープウェイで千葉最高峰に登り帰りは温泉かな?これって男旅?良しとしてくださいね。(笑)みんなそれぞれ全力で進んでいますから。

更新日:2014年8月26日(火)

小学生の6日間男旅第三日目学びと行動

クリックで拡大 一週間の長期キャンプの中日3日目です。昨日のきっかけを学びと行動に生かせるのでしょうか?振り返りながら認識し認めつつ一歩ずつ前に進みます。その継続の積み重ねこそが糧になり、大きな成長や力となる事でしょう。男とはと言う前にまずは、生活からしっかりと磨きを掛けます。一つ屋根の下での共同生活子供シェアハウス。自分だけの生き方の前にみんなで一緒も学びます、その上で一人ひとり違っても良いのだと思います。ルームをシェアする事によって自分勝手にはいかず窮屈な場面も出て来るでしょう。でもきっとそれが大きくなり社会に出て共有する事の意味が分かる時が来るでしょう。本日の午前中も独習です。物凄い集中力です。サッと終わったら、合宿所での収穫体験や自転車修理屋さんなども自発的に行っていました。思い思いのびのび過ごしています。午後は、前回からの引き続きご参加のお友達はリフレッシュタイムでお昼寝です。その他のメンバーは、海でのシーカヤック体験から海水の採水を行い自分だけのお鍋で塩作りです。画像では、どこまでもシーカヤックを漕いで自分だけのポイントを見つけています。こんな夢中になれる何か顔成長過程で必要な事の一つです。でも、まだまだやらされている感が残っているお友達もいます。やる。やらない。の選択は自由です。やらない選択肢もあります。チャレンジバイチョイスです。でも、やれば何か見えてくることは間違いないのですが、合宿(学宿)生活面からも男に磨きをかけてヤル気に導いています。合宿所に戻りお庭の外シャワーでスッキリしたら、夕食はロコモコ風の食事です。夜は、ちょっとハプニングがありましたが、男の友情とでも言いましょうか。みんなの絆が強くなった時間でした。きっかけから気づき発見しなぜを学び行動に移す。このサイクルが出来るのが宿泊活動の特徴です。特にロングキャンプは時間もたっぷりあります。じっむり自分と向き合い、うわべだけでなくあと伸び能力もいつの間にか身に付いている生活習慣継続できるようにサポートしています。明日からは、ちょっとお天気が宜しくないようですが、ここまで来たら男を磨くだけ。お母さんは女の子です。守ってあげられるパワーをお土産に全力で毎日過ごしています。みんな元気です。ご安心下さい。

更新日:2014年8月25日(月)

子ども男旅第二日目は気づき発見

クリックで拡大 東京丸の内の親元を離れてから24時間以上が経過しました。ホームシックで寂しかったお友達も徐々に回復し元気に活躍しています。ご家庭で「男旅」に出すと言う事は、もっと強く逞しくなって欲しいと言う事でして…。(ジェンダーの部分ではありません。)時に見せるお家を思い出す気持ちは、そっと優しく包んでおります。誰にでも、自分の帰る場所や居場所が必要ですから。今日は、たくさんの発見から「気づき」や「自己開示」、「きっかけ」が見られました。厳しい一面もあった日ですが、これが仲間であり友情だと認識しています。今日まで、そして明日から何かが生まれてくると思います。その為には、合宿所での生活のリズムを整えます。今までご家庭で生活している事と変わりありません。でも、そこにやってくれるヒトが居ない事。ここ合宿所では、「自分の事は自分で」をテーマに何でも自分でやりぬき生活する力を身に付けます。まだまだ食事は出て来るもの。脱いだ服は、置いておけば綺麗になっているもの。ゴミは、そのままでも…。それらは当たり前の事でしょうが、当たり前ではありません。やって差し上げることも必要ですが、今までのご両親がやっていた事に感謝し気づき、その気付きをきっかけにならば、ここからはしっかりやり方学び一日一日の積み重ねで前に進むだけです。参加者4名全員何か共感し共有できたものがあると信じています。さて、午前中は、独習の時間です。まずは何をやるのかをリストアップし、しっかりTO DOを確認します。今回のメンバーは自由研究やドリルが多かったです。小学校の毎日行う課題を持ち込むのも良いでしょう。まだまだ2日目なので自分からやろうという気持ちには向かっていませんが、生活面含め導いています。午後は、海で宝探しを行いました。画像では、思い思いの海を発見できましたね。その中には、自由の女神像(勿論レプリカ)が流されていて、長い距離を経て漂着して来たのだと思うと、「どれだけ自由すぎる女神なんだ!」と子ども達は大笑いでした。のびのびらしく素直で素敵です。その後、所有の山の洞窟に行くとご近所さんから綺麗なソテツの実を頂きました。これも20年かけて集めて海岸に漂着していたそうです。お心遣いありがとうございます。また、合宿所先の美味しい磯料理のお店では目の前の海で採れたまさに地場産の大きなほら貝を頂きました。中はまだ生きていて身が入っています。これには子ども達も驚き。印象的だったのか、栞に書いてある子が多かったです。それだけ今までの子どもの短い生きた時間ですが、新しい新鮮な発見だったのでしょう。こんな気付きのきっかけもサマースクールで学びます。夜は、子ども達から自発的にいろいろな話を聞きました。とても深い話でした。『男旅』。背負うものは沢山ありますが、明日からはちょっと意識して前に進めたら良いなぁと思いました。生活のリズムもしっかりとして、プログラムも楽しめ気づきやきっかけの宝を発見できました。これをどう生かすかが問題です。明日からも応援よろしくお願いします。みんな元気に活躍中です。ご安心下さい。

更新日:2014年8月24日(日)

きっかけは最終回の男旅夏合宿初日

クリックで拡大 子ども達の夏休みの日曜日8月24日より6日間の日程で、2014年サマースクールの第5回目最終回の子ども男旅が始まりました。お申し込み受け付けは先着4名様。りゅうお先生とプライベート感覚で合宿が味わえる旅による教育。それが子ども男旅。子ども達の夏休みの日曜日に東京駅日本橋口を出発した「2014子ども男旅サマースクール」男子だけの男を磨くたびにより教育です。一週間のロングキャンプで、男前になって戻って参ります。りゅうお先生とのプライベート感覚の旅だとお考え頂いて結構です。さて、どんな男子だけの旅になるのでしょうか?初めてご参加の方もいらっしゃいますので、事前保護者説明会で、初日のみ女性も担当するとお伝えしました。子ども達もいきなり環境が変わると驚きますから、ゆっくりゆっくり時間をかけて心と身体を慣らして行きます。さぁ出発です。東京駅からは2名のお子様と一緒です。残りの2名様は、現地集合です。なぜなら、一昨日まで開催された5日間の自由研究子どもチャレンジサマースクールに参加し続いて男旅にもご参加ですので連続です。実に中日含め2週間に渡る合宿生活ですね。心も身体も鍛えられます。現地で、今回の合宿を共にするメンバーと合流し固い友情の男の絆から始まりました。合宿所での生活のオリエンテーションから「男とは…?」の熱い語りもやりました。ちょっとお楽しみの男のスイカ割大会は笑えましたが、夕方になり早くもホームシックになる小学生のお友達も。男の旅は明日からも続きます。どれだけ成長して輝き東京に戻る事が出来るのでしょうか。徹底的に男を磨いて頑張ります。毎日現地より更新しますので応援よろしくお願いします。

更新日:2014年8月22日(金)

海と山の大冒険チャレンジサマーキャンプ無事終了

クリックで拡大 5日間のロングサマーキャンプが、本日の海と山の子ども夏休み自由研究プレゼンテーション発表会を持ちまして無事に終了する事が出来ました。ご参加の皆様ありがとうございました。本当によく頑張って前進した長い長い5日間でしたね。東京のびのび教室の長期合宿を経験し修了する事が出来れば、どんな大きな壁も乗り越えられるはずです。きっと楽しかった思い出だけでなく親元を離れ大変だった事も沢山あるでしょう。この自信を糧に秋からのレッスンで大きく成長して、また普段の生活へと戻ってもらえたらいいなぁと思っております。出来た事・出来なかった事と沢山ありますね。自分の欠点が分かったはずですからそのままにせずに出来る為の手立てを考えて成功へと導けたら素敵です。本日は、最終日でした。本サマーキャンプは、ご参加の保護者の方のご理解を得てプログラムを流動的にしております。昨日開催予定の、夏休み自由研究プレゼンテーション発表会も、最後の最後まで格闘して仕上げていましたので、帰路ギリギリの開催となりました。本当に素晴らしかったです。海が目の前の合宿所がお分かりになりますか?海水を少量取水してお庭の塩釜で炭火でじっくり塩やにがりを採ります。子ども達の自由研究ではここまでで十分対応できますが、当教室ではさらに要求される事柄も多く、しっかり振り返り学びへと活かしています。その一つが、大きな新聞でテーマをまとめ持ち時間5分で子ども達はプレゼンテーション発表会へと繋げます。合宿での疲れもあり、その上発表の準備など厳しい一面もありますが、単なる体験で終わらないのです。これがやがて後伸び基礎力となり、それがつみ積み重ねの継続でグングン伸びていく事でしょう。長期夏合宿お疲れ様でございます。また秋からのパークスクール日帰りレッスンで成長したお子様に会える事を楽しみにしています。

更新日:2014年8月21日(木)

長期合宿夏休みサマーキャンプ第四日目

クリックで拡大 本日は、子ども達の研究の日です。どんな新しい発見があったのでしょうか?様々体験からきっかけを見つけて気づきに変わる一日でした。午前中はもちろん独習の時間。主に、研究発表会プレゼンテーション準備に追われています。塩を作り研究する子、何のリアルな海の波の模型を作るお友達、夏の俳句を披露するお友達。それぞれ思い思い充実したの時間を過ごしました。お昼は、一人ずつホットケーキを焼きました。牛乳、卵、お粉を自分でシェイクして混ぜるのが楽しそう。最後は、各自デコって美味しく頂きます。午後は、合宿所でのお仕事体験で鉛筆のお給料をもらってこれを集めると…。みんな自分から、やりたいっ!と申し出てくれてヤル気が育っている証拠です。夕飯は、子ども達の意見からナンを焼く事に急きょ変更しました。発表会の日でしたが、まだ準備に追われているお友達もいるので、こんな一日食のプログラムも良いかなぁと思いまして。粉から混ぜて、練り焼き上げます。ソーセージを挟んでナンドックや、みんなに好評だったのは、いろいろな味のカクテルソースをお好みで付けるスタイル。本日夜の振り返りの栞でもみんなが書いてありました。一日パン系の粉モノの食事ですが、美味しく頂き充実していたのでたまにはお許しを。夜は、また希望で探険に出かけコクワガタを2匹ゲットしました。昨日とは違う種類で興奮している様子です。明日は、東京に帰着予定です。お荷物は、毎日先生の指導の元に行っておりますが、指示したお洗濯から明日の洋服の袋を開けてしまうなど大変な事になっているお友達も…。ちょっと遅くなりましたので、明日の起床を30分遅らせ午前中はプレゼンタイムにします。今日も一日頑張りましたみんな元気です。おやすみなさい。(合宿所の畑の縁側にてナンをこねているお友達です。経験者なので楽しくやっています。)

更新日:2014年8月20日(水)

第三日目開催中のロングサマースクール

クリックで拡大 海と山の大冒険の5日間こどもチャレンジサマーキャンプ宿泊合宿経験者が中心なので、自分のやりたい事をやりたいようにじっくり取り組む事が出来る合宿時間が流れています。本日の午前中は、もちろん独習の時間。なかなか課題が終わらないお友達も、諦める事無く、合宿仲間に感化されながら学習を行うのは、ご家庭で一人で宿題をこなしているのとはまた異なりますね。さて、お昼は釜たまスパゲティを食べて、自由研究の続きを白熱教室のように頑張っていました。そして、中日はお昼寝タイムも。これで体力も回復しました。夕方は、体操教室で使用している鉄棒のリニューアルペンキ塗り体験。本物のお仕事でこれを小さなお友達が使う事を考えると嬉しくなるという素直で優しい気持ちが芽生えましたね。夜は、ナイト探検隊の出動です。今回ゲットしたのは、カブトムシ2匹です。参加者が少ないので、生き物の命を大切にちょうどいい数です。所有の裏山の森にはもっともっといますが…。これでもみんなの自分で捕まえた感動は、数や生き物で無く思い出。こんな挑戦が毎日続きます。参加者全員元気です。ご安心下さい。夢中になれる何かがここ合宿所にはあります。

更新日:2014年8月19日(火)

こどもチャレンジサマーキャンプ第二日目

クリックで拡大 参加者3名のおもてなし少人数制は何処にも真似の出来ないサマースクール。当教室所有の海目の前のマリンハウスにて、夏休み宿泊合宿の第二日目を開催中の現地の様子をお伝えします。今日は海のプログラムの日。良いお天気の中で、子ども達は元気に過ごしていますよ。午前中は、独習の時間。涼しい海風に吹かれて集中してお勉強を行います。普段のご家庭での環境とは異なりみんな集中して学んでいます。まるで図書館での姿の様でした。自分達で持ち込んだ、小学校の課題や宿題、自由研究、読書感想文、俳句、漢字プリント、リコーダー練習、脳トレ、日記、絵画などなど。思い思いの時間を過ごしています。午後は、海のアクティビティです。毎年合宿に参加しているお友達は、自分でシーカヤックを漕いで沖まで行って潮水を汲んで来ました。これで塩作りやにがりを採る夏休みの自由研究です。プレゼン発表が出来る様に大きな壁新聞もひとりひとり作り、自分だけのお鍋を使ってお持ち帰り教材。少人数制ならではのたっぷりとした時間があります。小学校の自由研究にぴったりの自然体験活動は、大人数と違い待ち時間も無く自分だけのスタイルで楽しめます。もちろん、体験はすべてチャレンジバイチョイス。やりたい活動を中心に進め、もちろん「やらない」と言う選択も出来ます。あくまで、子ども達の意見を尊重し、ただし、安全や命にかかわる事はビシッと指導しやりたくてもお話を聞けない・理解できない等があればやりたくても活動に参加できません。これは、厳しいや甘え、一人一人違ってイイと言う事とは異なります。あくまでも、安全を確保した上で、一人一人の健康状態や心の変化までもしっかり目の行き届く範囲の少人数制での無理のない指導を行っています。夜は、合宿所のお庭にある塩釜で塩作り。かまどの火で作り上げますので、釜番が必要です。そこで子ども達の意見で、テントを立てて住み込むことにしました。でも、室内でテントを建てて火の見張り番。これにはズッコケましたが、これはこれで微笑ましい光景でした。こんな何でも対応できる少人数制や所有の施設をフルに使って子ども達の挑戦が続きます。明日は、「山のプログラムの日」です。こちらの裏山の広大な敷地も取得登記しました。子ども達が存分にやりたい事をやりたい様に出来る環境を整えサポートしていきます。ただし、現場最優先で子どもが第一ですので、プログラムは流動的になりますが、お任せ下さい。責任を持って大切なお子様をお預かりしています。元気に過ごしています。ご安心下さい。

更新日:2014年8月18日(月)

第四弾子どもチャレンジロングキャンプ初日

クリックで拡大 8月18日より5日間の日程で、子どもチャレンジロングサマーキャンプがスタートし無事に初日が終わりました。今回の参加者は、募集の半分の3名。ここまで少人数制でのサマースクールの開催は滅多に無いでしょう。非常に手厚い宿泊が宿になること間違いナシ。ご参加者はオトクでしたね。いつものように、東京駅日本橋口を出発して、本合宿のテーマは自由研究です。その為、まずは、書店に向かい自分たちの資料を購入しました。絵本もありなかなか楽しかったのですが、やはり今回は小学生以上なので「ニュートン」をセレクトしたのは、非常に微笑ましかったです。バスに乗車して70分であっという間に合宿所に到着します。画像のように、東京から近くてもこんなに素晴らしい処があるのです!ちょっと、あまり人に教えたくないシークレットポイントですが…。すでに、合宿所を経験しているメンバーなので、使い勝手もよく分かっていて、生活のリズムもスムースです。その為、午後からのプログラムは、一部変更してレッスンが進みます。あくまで今回のロングキャンプは、子ども達の意見を尊重して自由な組み合わせのプログラム構成です。以前から、子ども達も興味を示していた合宿所の看板制作を行いました。こんな小回りに聞く運営・神鋼は、少人数ならではですし、何より子ども達を温かく見守ってくれる、送り出して頂いたご両親様のご支援やご理解があってこそ。やはり少人数制で良かったと思いました。その後も、ゆったりとした海の合宿所時間が流れ、これも、今まで生活面をビシッと鍛えてきた後の見えてきたお楽しみの充実部分だと思います。『あと伸び能力』とでも言いましょうか。すぐに目に見えて出来る様になるスキルと、長い時間をかけて養う能力。どちらも大切です。夜は、合宿所初日夜恒例のウェルカムカレーライス。美味しかったです。みんな大盛りを注文。夜は、昼間に海に仕掛けをかけたのでトラップの回収に。合宿所が海目の前なのすぐに出来る処はメリットが大きいです。夜にトラップを引き上げると…。小さなフグが入っていました。夜の懐中電灯持っての海のナイト探検だけでもワクワクしますが、初めて触ったフグにドキドキし興奮し過ぎました。夢中になれる何かがある。仲間がいる。ここは海のマリンハウス合宿所です。子ども達のチャレンジの連続の宿泊夏合宿サマーキャンプ。明日からは何に挑戦するのでしょうか?お楽しみに。子ども達は元気に活躍中です。ご安心下さい。

更新日:2014年8月11日(月)

子ども体操教室スポーツサマーキャンプ終了

クリックで拡大 8月8〜11日の4日間の日程で子ども体操教室スポーツ宿泊サマースクールが今年も無事に幕を閉じました。ご参加の皆様お疲れ様でした。本当によく頑張った4日間でしたね。大変な事も多かったと思います。厳しい自分を見つめなおす合宿でしたが、まずは、自分からやろうとする気持ちもあるので、これからの事よりも合宿での今までのご成長をたくさんたくさん褒めて共に喜んで下さいね。そこで、宿泊を通して、スポーツ以外のやる気を求め参加される側も指導する先生達も緊張感を持って過ごしていますから。ご家庭にお帰りになり疲れ切っている事と思いますが、また合宿所での生活を思い出してご家庭でも継続して行ってみて下さい。大変だから止める選択ではなく、乗り越える力は合宿期間中で体得したはずです。ご家庭での何でもやって差し上げる優しい環境とは異なります。でも、そこで身に着けたスキルが沢山あります。子ども達にとって今まで1500〜3000日程度しか生きて来ていません。その中でも、ご両親から離れた生活は人生最大の心臓破りの丘を乗り越えた事でしょう。一度経験してしまえば、あとは継続し楽しみに変えて行くだけの事です。厳しい生活から体操教室の縄跳びのレベルアップが出来たあの嬉しそうな表情が物語っています。画像は、最後の最後まで到達度テストの自分の課題をスキルアップをめざし集中レッスンを行っている様子です。台風一過の青空ですが、大風が吹いています。縄を回すのも苦労しますが、初日に比べたらメンバー全員、苦労する事も無く、嫌な言葉も出ず、真剣に集中して自己練習を行っています。この大風の中でしっかり縄跳びを回せるハードスキルや集中して縄跳びに打ち込むヤル気のソフトスキルは素晴らしかったです。これが4日間の集大成で出来た喜びに変わってもらえれば…。きっとご家庭で披露するでしょう。沢山沢山褒めて上げて下さいね。ですが、まだまだ画像でお分かりの通り動作不安定です。どちらの会員のお子様も初めての二重跳びを行っていますが、まだまだ跳び方がスマートではありませんね。1回の二重跳びは出来ても連続になるときっと難しいかもしれません。自分で作った自作のマイ縄跳びの縄跳びの長さも仮止めになっています。もしお時間があれば、秋からの通常の日曜日体操教室パークスクールレッスンにお越し下さい。幼稚園や保育園、小学校で冬に始まる縄跳び週間までには「できた〜マン」なれるように責任をもってお子様をお預かりし成功へと導く事をお約束します。きっと、辛く大変だった4日間を思い出すと行きたくないと言うと思います。正直な意見だと思います。でも、何でも出来ない事が出来る様になる為には、大きな壁を乗り越えなくてはなりません。しかも短期間でしたら、そのご苦労さは大きくなりがちです。ここで止めるのではなく、ご両親様がポンと背中を押して下されば、きっとその先に見えてくるモノが違ってくるでしょう。いつでもおやめになる事は止めません。これは子ども達にもレッスン中に伝えております。その先を見る為には、さらに自分を高め大きく成長して欲しいものです。何かが変わらなくても何かが始まる。そんな4日間のスポーツ合宿を終えた感想です。当教室の宿泊合宿サマーキャンプは、まだ半分も終わっておらずやっと50%が見えてきたところです。次回8月18日より5日間の日程で自由研究をテーマにしたロングキャンプ合宿が始まります。また、手立てが異なりますがねらいは一緒。子ども達の大きな成長の為に楽しくなくっても良いんです。ここ東京のびのび教室は習い事ですし頑張るところ。お楽しみはご家庭やその他でやって頂き、ここでは短期間での成長を期待して下さいね。子ども達の優しい環境の中、今のご時世周りに一人くらい鬼が居ても良いと思いますから。また秋に会いましょう。ありがとうございました。

更新日:2014年8月10日(日)

子供体操教室スポーツレッスン夏合宿第三日目

クリックで拡大 東京を出発してから3日目の子どもスポーツ体操教室夏休み宿泊合宿。この自信に満ちた顔つきは宿泊を体験するからこそ見えてくるものですね。日帰りデイスクールレッスンでも体操教室パークスクールのレッスンがありますが、やはり宿泊を体験するから伸びる。縄跳びのレッスンが中心ですが、みんな自分の目標をほぼクリアー出来た一日でした。宿泊合宿は、今までの生活環境と異なり楽しい事ばかりではないと思います。その上、当教室では年齢に応じて求められるものが多い。高いお金を払って多少タイトな宿泊体験も余儀されません。それは、今までの優しいご家庭環境とは異なり、親元を離れて何でも自分で行い自立と自律を求め全力で向かうからです。そんな、ちょっと窮屈な共同生活合宿がヤル気へと導き体操教室の課題克服やお勉強の知育面でもグングン伸びるのだと信じてやみません。今回のメンバーの中でもメキメキ上達を示しているお子様です。どうですかこのお顔つきは?ご両親様より会員専用サイトの掲示板より書き込みがあり「昨年は跳び箱で自信を付けたので、今年は…。」明日東京に帰着予定ですが、さらに成長がみられる事と思いますよ。さて、台風が接近中ですが、合宿所のお隣のおじいちゃんは漁師で船に乗っています。午後から大風が吹くと言っていましたが、本当にその通り。自然を熟知している尊敬できる大先輩と言うより師匠ですね。子ども達の安全もしっかり守れました。プログラムは、少人数制なので流動的にお預かりしています。小回りの利く運営体制で、午前中はは海のクラフトに勿論縄跳び集中特訓を時間や天候を考慮して交互に行いました。お昼は、お仕事体験で女の子たちが海水を汲んできた塩水で夏の和風海水パスタを作りました。(今回のメンバーの中には某有名なイタリアンのお店のお子様がいらっしゃいますので、これは適わないと思いあえて和風にしました。(汗))みんな美味しいと言ってくれお店でも海水を使いたいと自然の素地そのものを味わって貰えて嬉しかったです。午後や夜間は、天候や子ども達の疲労具合に合わせて、また、子ども達のリクエストで、真夏の金魚すくいも行いました。『すくう』言葉だけでも難しい昨今です。これもお勉強。何でも体験です。悔し涙もありましたが美しかったよ。夜のリフレッシュタイムはナイト釣り大会。とは言いいつつも室内での釣り体験ゲームです。就寝前ですが盛り上がりました。読み聞かせをしないといけないかな?みんな元気に活躍しています。ご安心下さい。夜風が気持ちよく涼しいと言うよりも寒い位です。明日の最終日も最後まで全力で向かいますので応援よろしくお願い致します。

更新日:2014年8月9日(土)

ジュニアキッズ体操スポーツ教室合宿第二日目

クリックで拡大 キッズとジュニアの体操教室夏休み宿泊スポーツサマースクール第2日目開催しています。台風が日本に接近していますが、合宿所は大雨も降っておらず予定通りのスケジュールでサマースクールのレッスンが進行しています。風があるので、海風が涼しく夜はクーラーの中に居るようです。本日から体操教室の縄跳びの本格的レッスンが始まりました。宿泊合宿は、デイ日帰りスクールと異なり、生活面からもビシッと指導するのでやる気もアップし秋からの引き続きのレッスンでも大きく伸びます。よく言われる事ですが、夏休みをどう過ごしたか?が、秋からの大きな成長が違ってくるものです。今回のメンバーは、初日のちょっと弱気な処もありましたが、2日目になると顔つきが変わってくるのが分かります。午前中は、自分で縄跳びを自作します。自由研究にもピッタリな課題です。何と言っても、自分で作るからこそ愛着も出て来て、さらに縄跳びのやりたい気持ちを助長します。お昼ご飯は、スタミナ満点の夏の冷やし蕎麦を食べてパワーアップ。午後のレッスンでは、個別指導を中心として、レッスンが進みます。ご覧の画像は、休憩タイムに合宿所の前の海での一コマです。もちろん自作のマイ縄跳びを持っています。海で自作の縄跳びを持ってレッスンしているのは、おそらく東京のびのび教室だけだと思います。(笑)心地良い海風に誘われての縄跳びレッスンは、きっと子ども達の心の思い出になるでしょう。できない事が出来る様になるには、厳しい一面もあります。でも自分で乗り越えた時には、かけがえのない普段の優しい日常生活では得にくい大きな喜びに変わるでしょう。初めて縄跳びを持ったお友達も、前まわしが出来る様になって10回連続で飛べた時のあの表情。初めての二重跳びが出来た時のあの満足感。連続跳びが出来た達成感。どれもホームページではお伝えできないのが残念。しっかり成果が出ましたね。でも、まだまだ縄跳びの動作不安定です。明日も引き続きレッスンを行い、スキルアップを目指します。夜はのんびり夜風に吹かれながら絵手紙教室。お支度が大変なお友達も頑張ってメンバーについて行こうする姿は美しかったです。夜は、かなり涼しくお布団に入っていないと寒い位です。この風はどこから吹いてくるの?ここに来て良かった。充実した一日でした。参加者全員元気です。会員の方は、リアルタイム日記で現地よりご報告しております。台風の影響も少なく頑張っています。ご安心下さい。

更新日:2014年8月8日(金)

体操教室宿泊サマースクール合宿所初日

クリックで拡大 子ども達の夏休みも8月に入りましたね。夏休みも中盤に差し掛かっていますが、東京のびのび教室のサマースクールは、まだ1/3程度しか終了していません。まだまだ長い夏休み、後半に掛けて毎日マリンハウス合宿所での子ども達の活躍が続きます。当教室所有施設だから何でも出来る。しかも海目の前なのでと言いたいところですが、台風が日本に接近上陸していますので、出発前事前保護者会でのご案内の通り海での水辺活動(入水)は安全対策より行っておりません。ご理解下さいませ。今回のサマースクール宿泊が宿のテーマは、体操教室の宿泊夏合宿です。縄跳びを中心として、アウトドアスポーツを体験します。海でのアクティビティは難しいのですが、その分体操教室のレッスンの時間が多くなり充実しています。画像は、合宿所の畑での収穫体験です。夕食のカレーライスのサラダのトマトを採っている仲良しお嬢様3人組です。とても素直で笑顔が素敵です。みんなを引っ張って行ってくれるムードメーカ的な存在で合宿生活初日第一日目ですが、笑顔が絶えません。東京を出発して順調なスタートが出来ました。就寝後夜中に、ホームシックになるお友達も出て、別室にて対応するなど大切にお子様をお預かりしています。合宿期間中の現場は、様々な事柄が起きますがこれは全て想定通りで当たり前ですし、子ども達の成長過程には必要不可欠な要素と認識しています。なので、ご両親様は慌てずにお帰りをお待ち下さい。現地では、出来ることできない事がありますが、真剣に子ども達と向き合い生活する事をお約束します。子ども達みんな元気に活躍していました。どうぞご安心下さい。

更新日:2014年8月4日(月)

夏休み日帰りデイサマースクール体操教室と自然体験

クリックで拡大 子ども達の夏休みも8月に入りましたね。8月最初の日曜日の8月3日は、東京のびのび教室パークスクールの2014夏休み子ども日帰りデイサマースクールを開催しました。東京駅丸の内口を出発して東京日本橋事務局でレッスンを行いました。東京のど真ん中の日本橋のビルやタワーに囲まれている中、長閑な雰囲気の自然に囲まれている公園のお隣に日本橋事務局があります。会員の幼児や保育園児や小学生と今回初めてご参加になるお子様が揃って出発します。東京駅からもすぐ近く2駅程で到着します。子ども達にとっては程好い距離であったと思います。有名なロイヤルパークホテルを通り、日本橋事務局に到着。まずは、やはり公園で思いっきり楽しみます。習い事のレッスンの合間の為に、ちょっと時間は短かったのですがみんな気持ちもリフレッシュ。午前中は体操教室の鉄棒を集中的に練習します。東京のびのび教室のレッスンは、少人数制の為一日8名までのおもてなし。今回も7名なので年齢に幅があってもほぼ個人指導が中心でレッスンが進みます。鉄棒は、幼児を中心とした初めての鉄棒前まわりチームと小学生を中心とした逆上がりチームに分かれてレッスン。今回は、成功の出来たカタチを体得し、完成形のイメージを学びます。レッスン後は、事務局の方がリンゴジュースの差し入れをして下さいました。ありがとうございます。その後、レッスン会場を移動して、体育館では水分補給でマイボトルの水筒を入れ替え熱中症対策もバッチリ。ちょうどその時、幼児から会員で現在中学生のメンバーが尋ねて来てくれました。みんなのやる気のモチベーションも上がりましたね。スキースクールで人気のよっしーリーダーも登場かと。今回の昼食は、お弁当ではなくランチ付きのプランです。レストランでみんなで好きなモノをチョイスして頂きます。(レストランと言ってもファミリーが付きますが…。(笑)みんなお行儀が良く立派でした。周りのお客さんよりもお褒めのお言葉を頂きました。その後、またすぐの日本橋事務局に戻り、午後は縄跳びの集中レッスンです。初めての前回しから連続跳び、さらには二重跳びまでも個別指導を行います。ここまでたどり着くには、みんな生活面でビシっと鍛え上げられています。そんなやる気スイッチもオンになっているからでしょうか?午前中とは異なり自分から挑戦し出来るようになっていく姿は素敵でした。到達度テストや振り返りを行い、最後はお楽しみカニ掴み大会。日本橋事務局で用意してある、食用の綺麗な沢ガニですが、触るのが初めてのお友達もおり、わいわいガヤガヤ面白かったです。でも、キチンと触る事が出来ないと、ご自宅で飼いお世話が出来ないので、ここでも自分で頑張らせます。出来たという自信が何よりもお楽しみですから。帰りはみんなヘトヘトになり東京駅に無事到着。夏休みので良サマースクールは、レッスン時間が長いだけではなく、最後の最後まで縄跳びを夢中で跳びはねてお疲れだった事でしょう。高いお金を出して習っているのですから、ご両親以外で過ごす時には少しくらい疲れた方が良いと思います。(喜)今日も無事に終了みんな良く頑張ったね。全力で向かっているみんなが大好きです。これで、秋からのレギュラーレッスンで、一からしっかり体得すれば縄跳びの二重跳びも鉄棒の逆上がりもマスターできるはずです。9月からの日曜日体操教室パークスクールレッスンでまたお会いしましょう。ありがとうございました。

更新日:2014年7月25日(金)

2014夏休み初めてしっかりサマーキャンプ修了

クリックで拡大 今年の夏休みもはじめてのお泊りデビューをサポートする「初めてしっかりサマースクール夏合宿3日間コース」のA・B寮日程が無事終了出来ました。ご参加の皆様ありがとうございます。本サマーキャンプは、毎年の事ですが、一番高いハードルです。何もかもが初めての事は沢山ありますが、親元を離れた宿泊合宿では、今までのご家庭の環境やシッターさんのお手伝いや幼稚園の先生や小学校の教諭等の支援もあり生活している事と思います。それが、本合宿では無くなるのですから、楽しくラクをするどころではありませんね。お金を払ってまで苦労するとは、かなり贅沢な経験です。しかし、合宿をやり遂げた最終日の画像の表情をご覧下さい。疲れた中にも自信に満ち溢れた自信の表れ。一昨日までの東京駅でのお顔と全く違いますね。小学生には小学生の課題を。幼稚園には幼児の課題を。少人数制ならではの展開で合宿生活を行っております。東京のびのび教室を修了出来れば何処へ行っても生活面でビシッと決まります。ちょっとしたプライドがもれなくついてきます。きっと大変だった事でしょう。ホームシックになり寂しかった一場面も知っています。ですが、この大きな壁は、当たり前ですがきっとお戻りになってもすぐには、お母様の事を思い出し辛かった思い出だけになるかもしれません。ですが、少しゆっくりお休みになれば、きっと子ども達の変化に気が付くはずです。生活面では全員修了出来ています。今度は様々なプログラムの自然体験やアクティビティから夏休みの自由研究や体操教室のレッスンを経験して行けば、きっと楽しくなりさらに次のステップに向かえると信じています。大変だった苦労した思い出を、ぜひご家庭で振り返り、きっかけと言うカギを使って共に成長していきたいですね。まだまだ夏休みは始まったばかりです。このリズムを壊さない様に、そして、8月の夏休み宿泊合宿に連続でお申し込みの皆様は、今度は生活面以外での成長を学び取って望んで欲しいと思います。また、秋からの日曜日日の日帰りデイレッスンでお会い出来る事を楽しみにしています。ご参加ありがとうございました。
追記:
初日、2日目・最終日と画像をご覧になって下さい。だんだんお姉さんお兄さんへと変わっているのがお分かりだと思います。今回は参加者2名のスペシャルな少人数制宿泊夏休み合宿でした。また挑戦しに来てください。

更新日:2014年7月24日(木)

幼児と小学生のはじめてサマーキャンプ第二日目

クリックで拡大 東京発宿泊型の夏休み宿泊合宿サマースクールの幼児と小学生の為の少人数制サマーキャンプ7月24日(木)の第二日目が終了しました。幼児のお子様は、昨日の母子分離や午前中までのあの表情はどこへ行ったのでしょうか?また、小学生のお嬢様は、リーダーシップを発揮して自分から挑戦する力を身に付け海でのアクティビティでは、小学校の自由研究もこの機会にやってしまおうとリフレッシュタイム(休憩時間)も自由研究の時間に使ってチャレンジしています。初めてしっかりサマーキャンプでは「お泊りが出来た!」だけでも大成功の体験なのですが、それ以上に自分から果敢のチャレンジする姿は美しかったと思った現地合宿所からの第二日目でした。本日は、7:30起床、朝の身支度。パンの朝食をサクッと食べて、ちょっと休憩したら午前中のレッスンです。涼しい時間にお勉強タイムで知育を行います。そして、本物のお仕事体験として、合宿所のお手伝いを行い、お日様も出て晴れていましたので、自分のだけではなく合宿所にある寝袋を全部きれいに干しました。先生助かりました。ありがとう。その後は、体操教室の跳び箱レッスンを開催。2名のご参加なのでほぼプライベート感覚のレッスンでした。まずは、小さな跳び箱ですが、しっかりと基礎を学びます。意外に小学生でも跳び方の理論が分かっておらず、感覚だけで跳んでいたら絶対に、ある高さで跳べなくなります。きちんと体の動きをマスターしましょう。今回も100%の完成率で全員跳び箱跳べました。ご褒美に、海に行く事にしましたが、目の前が海なので、まるで海の家浜小屋と言った方が良いでしょうか。時間を気にせず楽しめるのはメリットがありますね。お昼は海水を汲んで合宿所のお庭の畑の野菜を使った、夏野菜おうどんを頂きました。午後は、非常に暑かったので、本合宿では海への入水の予定はありませんでしたが、特別に先生がボートに乗せてくれて他の浜までのワイルドツアーに出かけ、カニやビーチグラスなどみんな思い思いに楽しみ、最後はプチ遠泳大会。恒例のボートから飛び降り(もちろん安全を確保しPFDパーソナルフローティングデバイスを着用。ライフジャケットですね。)プチ遠泳大会で、見事全員浜まで泳ぎ切りました。これも、少人数制だからこそ、ほぼマンツーマンで対応できるからです。参加者が少ない時のご参加はお得です。合宿所に戻り、お庭の外シャワーでさっぱり。今年は、井戸水や一般水だけではなく温水も出るようになったので快適です。シャワールームも完備しました。真っ赤に染まる夕日がとても綺麗でした。夜は、幼児のお友達が希望していた昆虫探しに出かけます。さて、見つけられたのでしょうか?カミキリムシやカナブンなどが多かったのですが、クワガタ発見しました!とっても素敵な表情になったのが印象的です。明日は、小学生の女の子の希望で貝を見つけましょう。20:30には消灯し、あっという間に夢の中。就寝まで1分も掛からなかったと思います。元気に活動していますのでご安心下さい。本当によく頑張った2日目でした。

更新日:2014年7月23日(水)

初めてしっかりサマースクール初日開催中

クリックで拡大 今年も大人気の幼児と小学生の夏休みに、初めてのお泊りデビューをしっかりサポートする子ども宿泊夏合宿のB日程を開催しています。本日は、初日です。東京駅日本橋口に集合したのは、なんと2名の参加者。こんなに手厚い夏休み子どもサマーキャンプは他にあるでしょうか?しかも、自社所有の海辺の合宿所での夏合宿はスペシャルなスクールレッスンです。これは、8月の後半のロングサマーキャンプや男旅に続きます。5歳の幼児の男の事と小学生2年生の女の子。年齢も性別も、お住まいも全く違いお育ちの環境も異なりますね。でも、それぞれのやり方手立てで子ども達を成長に導きます。本キャンプは、初めてのお泊りですから一番厳しく難しい夏休み合宿になることは間違いありません。先日まで行われていた、年間体操教室夏合宿も同様ですが。今回も、東京駅日本橋口では母子分離が出来ず、現地でもホームシックで寂しくなる姿も見受けられました。(ご家庭から東京駅の集合場所に来るのも大変だったお伺っていますが。)ですが、合宿所の海の自然の恵みを貰ってだんだん笑顔になっていきます。もちろん、持ち前の頑張りで自分からやろうとする気持ちも手伝い涙くんとサヨナラしています。まずはここがポイントなのです。自分で楽しめるかどうか。これは、本合宿にお越し頂いてからではなく、事前のご家庭でのご教育が大切です。今回のお子様の様にしっかり出来れば、さぞご家庭でのご教育が素晴らしいものだと思っております。画像からもお分かりのように、みんな違ってイイのです。でも、みんなと一緒の事は出来る様に。年齢が違うので出来る事と出来ない事は当たり前の事だと思いますから。ゆっくりゆっくりでいいです。親元を離れた初めての宿泊体験は、今までの環境とは異なり、何でも自分でやりますので、大変な事が沢山あります。そこが嫌になってしまわない様に、今回のサマースクールで出来なかった事を振り返り気づきに変えて、「きっかけ」と言うカギを見つけたら、その先には宝の箱が待っています。さて、開けられるでしょうか。鍵を持っているので大丈夫ですねっ。3日間の子どもサマーキャンプは、何でも初めてなので苦労は絶対にあります。東京のびのび教室のサマースクールは、高いお金出して苦労をしに行きます。お金を出して楽をするのではなく苦労をしに行く訳ですので、ある意味で今の時代に非常に贅沢な楽しみや経験だと思います。しかも、他所様と比べ参加費が高いですし。(笑)会員様はステータスのある方が多いと思います。「かわいい子には旅をさせよ」ではありませんが、この挑戦は明日も続きます。お戻りになったお子様が大変で辛かったと思えば、成功の第一歩です。それを、これからどう生かすかがポイントです。参加者元気に笑顔あふれ活躍しています。これが子ども達の成長過程に必要な事であり、私共が支援していくビジョンでもあります。

更新日:2014年7月21日(月)

2014年間型体操教室サマースクール開催終了

クリックで拡大 本日7月21日夕刻をもちまして年間型体操教室ハイパーサポートプログラムの夏休み宿泊合宿が終了しました。夏休みに入った直後のサマースクールでしたが、ご参加の皆様ありがとうございました。3連休の最終日と言う事もあり、帰路は例年アクアラインが大渋滞し解散が遅くなりご迷惑お掛けしました。お待ち頂きました保護者の皆様に感謝致します。さて、3日間の宿泊合宿の最終日は、初日とは顔つきが変わり自分からやろうとする気持ちが強くなりましたね。何でも挑戦する気持ちです。合宿所での生活も自ら積極的に行い先生も大助かりでした。年間クラスの体操教室と言っても、日曜日に5回+αのスクールレッスンです。今回の宿泊合宿は決して楽しいだけのお泊りデビューではなかったと思います。特に、生活面では生きる力ではなく生き抜く力を育み積極性はプラスになる事はあってもマイナスになる事はないと信じてやみません。お泊りデビューをご家庭で見守って下さったご両親様に感謝しています。自分の事は自分で生き抜くには、普段の生活と異なり大変厳しい生活だったかもしれません。ですが、これが秋からの大波、小波、さざ波を乗り越える糧になるのかもしれません。まだまだ夏休みが始まったばかりですが、このリズムを崩さずに毎日の生活を送って、秋には大きな壁をまた乗り越えて下さい。きっと、今回のメンバーなら絶対に出来るはずです。疲れた中にも充実の笑みは何かを物語っています。頑張った3日間の大きな疲れがやがて心地よい疲労感となり子ども達の成長過程で必要な実りとなるでしょう。本当によく頑張りました。お疲れ様でございます。今はゆっくりと休んでまたスタートしていきましょう。ありがとうございました。(素敵な表情ですね。グングン伸びていましたよ。)

更新日:2014年7月20日(日)

年間型ハイパーサポート体操教室夏合宿第2日目

クリックで拡大 夏休みこどもサマースクール体操教室夏合宿を昨日より開催し本日第2日目開催中です。現地での子ども達の意見を尊重し、公開の画像を選びに選んでいました。それだけ、今日は充実した一日であり、みんなそれぞれ思い出が深いのですよね。その為に公開が遅くなり楽しみにしていた一般(ビジター)の皆様ごめんなさい。会員様には、現地よりタイムライン形式のリアルタイム日記を1日約20回程度アップしています。今回のテーマは「お泊り出来た」から「自分の事は自分で」を通じてヤル気アップの自信へ繋げます。本日は、午前中の生活巧緻レッスンから海での宝探し。合宿目の前の海で海水を汲んで海水パスタ作り。ソースをかけなくても、そのままでも美味しいとおかわり続出。海水本来の味だけでこんなに美味しいと再発見や新しい気づきがありましたね。午後は、ビーチコーミングで貝殻だけではなく遠く外国からの漂着物やシーグラスを見つけて新しい発見が沢山ありました。砂の造形では、砂遊びになりズッコケてしまいましたが、これはこれで子ども達が真剣に夢中になっている、心理学でいうフローの状態です。初日の緊張感の表情からみんな自信にあふれた顔つきになってきました。お帰りをお楽しみに。夜は、港の夜祭を楽しみながら絵手紙教室の続きをして、最後のお楽しみは…。みんな泣いて笑って何かが変わらなくても何かが始まる充実した一日でした。画像は合宿所内の室内ですが、この充実感が伝わるでしょうか。子ども達の旅は合宿所を舞台にまだまだ明日まで続きます。これから始まる長い長い夏休みに向けて。参加者全員元気に活躍中です。ご安心下さい。

更新日:2014年7月19日(土)

夏休みハイパーサポート体操教室宿泊合宿初日

クリックで拡大 初めての幼児と小学生の子ども達の夏休みお泊りデビューを完全サポートします。2014東京発宿泊型の年間型夏休みハイパーサポートプログラム体操教室の宿泊合宿が始まりました。3歳でこれから4歳になる女の子から小学3年生のメンバーが房総半島にある所有の合宿所を舞台に2泊3日間の合宿生活が東京駅日本橋口からスタートしました。初めてのお泊り体験のお子様を中心に3日間親元を離れた初めての生活が待っています。初めての宿泊では、お子様も心配や不安があり出発時はちょっぴり寂しくなる傾向がありますが、意外に寂しく涙しているのはご両親様だったりして。でも、これが親心や愛情だと思います。もちろん、昨年一度経験されているご両親様は、ドッと構えて子ども達に不安や心配を感じさせない安心感はお子様だけでなくお父様お母様も成長されている証ですね。素敵な事だと思います。バスで出発して合宿所まで約70分で到着します。母子分離でに寂しい顔をしていたお友達も笑顔が見えてきました。初日は、まだまだ今までの生活の環境から、先生や大人を頼ってしまいがちです。まずは、そこからの成長が必要です。「自分の事は自分で」をテーマに共同生活を通じ自立と自律を独自のメソッドで学び体得します。初日と言う事もあり、また年間クラスは大盛況でメンバーも多いので、特別にみんなに大人気のちびっこリーダーもたちも東京から駆けつけてくれました。これには、みんなも安心してほっとした表情でした。先生もお車でのご移動お疲れ様でした。ありがとう。現地合宿所では、夕方からの急な雨の為、室内でのプログラムが多かったのですが、ちびっこリーダーのおかげで、のび祭りならぬ初日のちょび祭。(笑)や合宿所の場所を大型プロジェクターを使って伊能忠敬のお勉強会なども開催し充実の初日でした。さらには、地元海の濱組のお祭りにも参加させて頂き、なんとお楽しみ抽選会では、商品もGETしみんなにはジュースも頂きました。お仲間に入れて頂き感謝しております。台日、生活のリズムも掴めヤル気が出てきました。初日でここまでモチベーションが上がるのは年間クラスならではですね。会員様の専用ページから書き込みも頂いております。
『初めて参加の、我がまご!自宅出る時の心配顏は見事に吹き飛び (^^) 小学生チームで、和気あいあい元気に出発しましたね。小さい皆さん、頑張ってましたね!みんな、可愛い!ほのぼの気分を、頂きました。』
『キャンプ、初めてのことばかりだけどがんばってますね!』
多くの皆様のご理解やご協力を頂きながら全力でお子様をサポートしております。現地でのお子様との関係を重視したいため、更新が少し滞った時間もありますが、温かい目で見つめて頂き嬉しく思います。明後日のお帰りには、「できた〜マン」になっている事と思います。参加者全員に活躍していました。ご安心下さい。
追記:
個別のWEB報告は、まだほとんど公開しておりませんが、現地より責任を持って順次対応しておりますのでお待ちください。(事前説明会でお伝えしておりますが、原則終了後のご報告公開となります。しかしながら、出来るかだご安心頂きたいので、現地より早めの対応を心がけております。)

更新日:2014年7月16日(水)

2104夏休み宿泊合宿こどもサマースクール週末開校

クリックで拡大 今週末の海の日から幼児や小学生の2014子ども達の夏休みも本格的に始まりますね。東京から70分の南房総。オーシャンビューならぬオーシャンフロント。海が目の前の東京のびのび教室所有の合宿施設で夏合宿宿泊こどもサマースクールが開催されます。4歳からのお子様がご参加になりますが、今までご家族でも海はあまり行かないという方も、今年はマリンデビューはいかがでしょうか?海には、新しい発見や体験が沢山あります。行かず嫌い。砂が付くからイヤ。等もお任せ下さい。また、昨年取得登記した広大な土地の裏山では虫取りなどの昔ながらの山遊びのサマーキャンプのアクティビティも出来ます。合宿所は、あくまで浜小屋や程度だと思って下さい。(笑)子ども達との共同生活で、あくまで移動に時間をかけずに思いっきりプログラムを楽しむために取得しました。国定自然公園内に立地していますので、新築は出来ない為、完全フルリフォームし、今の時代にはない子ども達がわくわくドキドキするレトロな昭和の時代を残しつつも、今の時代に合わせた新スタイルのサマースクールに仕上げました。画像は、昨年ご参加のお友達ですが、スノーケリングや波乗り(サーフィン)までも安全を確保した上で、自分から果敢に挑戦していきます。心行くまで思いっきり、何をするでもなく自分でチャレンジする。こんな時間は、夏休みだからこそ。誰にだって夢中になる時間はあるはず。そんな子ども達の成長を全面的に支援します。また、東京のびのび教室の宿泊夏合宿は、異年齢児での共同生活体験を重視しています。「自分の事は自分で」をテーマにお父様お母様やご両親様のいらっしゃらない処で自立を目指し、共同生活で自律します。宿泊合宿は日帰りデイスクールと異なり時間はたっぷりあります。お支度が遅くなっても何でも最後まで自分でやり遂げます。こんなヤル気の挑戦や出来た時の自信が、秋からの大きな壁を乗り越える糧となる事でしょう。だからこそ、今この瞬間に宿泊夏合宿サマースクールが必要なのです。年間クラスの体操教室にも必ず組み込まれております。とは言っても、事前のご準備やお支度できっとお母様も大変でしょう。いつもありがとうございます。お越し頂ければ、しっかり結果を出せるように全力でサポートします。どうかご安心頂きお帰りをお待ちください。会員の方には、専用サイトにて一日20回程度タイムライン形式にてリアルタイム日記を公開します。本サイトでも開催期間中は毎日現地より子ども達の夏休みを公開出来る様に努めて参ります。是非、ブックマークをしてこまめにチェックしてみては如何でしょうか。もうすぐ、幼児や小学生の子ども達の夏休みが始まります。夏休みに入っても、まだお席のご用意が出来るプログラムもご用意しておりますので、お気軽に東京日本橋事務局までお問い合わせ下さいませ。夏休みが子ども達を伸ばす。そのコツは、ぜひ一度新スタイルパークスクールを体験してみて下さい。皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

更新日:2014年7月7日(月)

パークスクール体操教室オリジナルでユニークな水泳教室

クリックで拡大 今日は七夕ですね。もうすぐ幼稚園や小学校でも夏休みです。毎年夏休み前のこの時期はクリスマスと一緒でわくわくドキドキします。夏休みサマーキャンプ宿泊合宿も開催前2週間となりました。幼児や小学生のサマースクール宿泊合宿前の前哨戦のプレレッスンとなり程好いカリキュラムの体操教室の水泳教室でした。新スタイルのアウトドア型体操教室の会場は、通常、定点での集合解散ですが、今回は夏休み前の水泳教室ですので、プールまでの移動や行動お支度もありました。幼児や小学生でも年齢的に大変だったり、ご家庭では出来ても、自分のお荷物からの出し入れや今まで体験していないプールでの行動やシャワー。8名程度の少人数制と言えども団体行動です。でも、ご家庭のご教育方針に合わせたスタイルで当教室は受け止めております。出来なくても良いんです。頑張る気持ちとヤル気があれば。そこまでのプロセス(過程)と出来る為の手立て。そこが子ども達の成長過程には大切な事の一つですよね。今日は、みんな涙くんも出さずに全員がんばってやり遂げました。最後まで出来た時は、本当に沢山褒めて上げて下さいね。これをきっかけに夏休み子どもサマースクールの心と身体のご準備をお願いしますっ。さて、本日の体操教室スイミングレッスンは、青山こどもの城より優しい女性のコーチが2名も指導を担当。画像は、出発した江東区の都立木場公園の画像ですが、室内プールでのレッスンは、少人数のレッスン中でも、さらに細分化して3つのコースに分かれての1クラス3名程度のお子様に対して1名のベテランコーチがしっかり指導しました。もちろんどのクラスにもりゅうお先生が直接指導をしています。幼児の水慣れから蹴伸びバタ足や息継ぎクロール、平泳ぎ、遠泳まで少人数制なので、日曜日の一日でもしっかりと身に付きますね。一人一人に個別の課題設定をして、独自のメソッドでカルテを作り出来た自信を味わいます。
会員様のメール等でのお声では、
『実はすでにスイミングを習ってはいるのですが、生徒は先生一人につき12人前後、そんな中ですので教えてもらえる時間は微々たるものです。その上先生の教え方にもばらつきがあったり、なかなかクロール息継ぎが上達出来ずにいます。りゅうお先生にもお褒めいただけた、頑張り屋ではありますが、さすがに最近はテストの不合格続きにやる気減退中です。そんな折りちょうどこちらで少人数での水泳教室をサイトでみかけまして、本人に確認すると「やりたい!!」との事でしたので、遅いとは思いながらも参加をお願いいたしました。(幼児参加者保護者様)』
『出来なくても、嫌になっても、頑張って挑戦しようとする気持ちを持って欲しいなぁと、常々思っていました。そんな局面が家庭内であった場合には、本人が泣いても、出来るだけこちらも根気強く諦めずに、本人がやりきるまで励ましたり、諭したり、(時にはつい叱咤してしまったり)してきたつもりなのですが、時間が迫っている時や、家庭の外で習い事等の集団行動をしている時には、なかなかそれに徹することができませんでした。諦めないことの大切さを、根気よく時間をかけて教えてくださる存在が、親以外にあるというのはとてもありがたく貴重な事ですね。(個人レッスンご受講保護者様)』
『偶然お見かけした時も相変わらずの厳しさと愛のあるレッスンで懐かしく遠くから眺めさせていただきました。このような時代で万人に受けいられ賞賛されるようなレッスン、教育の仕方ではないかもしれませんが、ポリシーをまげずまっすぐ進む先生の姿は素敵です。娘たちにもやっぱりそういう人からスポーツそのものだけでなく生きて行く上で大事な何かを学んで欲しいと思います。(海外ご在住保護者様)』
今回は、ニューヨークマンハッタン在住の方の一時帰国のご姉妹も年間クラスに在籍されて、今回は妹様のレッスンデビューでした。出発前のご挨拶では、お姉さまの陰に隠れ手を取り合っていましたが、帰る時には、先頭を歩くりゅうお先生の傍にピッタリくっつき、誰よりも一番を目指している姿は素敵でしたし、何より帯同していた先生方からも「一日で子ども達の姿や顔つきがこんなに変わるのですね。りゅうお先生が担当するとすぐに出来るようになってしまうのはなぜ?」きっと、子ども達も緊張感を持ってご受講されているのだと思います。教える方も教わる方もどちらも真剣なのですね。(りゅうお先生が直接責任を持って対応する東京日本橋のお教室です。当教室では厳選による厳選のコーチ陣をセレクトしています。目の行き届く範囲の少人数制です。だから短時間の日曜日の一日でも伸びる。)何よりも目の行き届く範囲の少人数制でビシッとした指導者が責任をもってお子様をお預かりするからこそ、ご家庭のご教育方針に合わせてお互いお顔の見える信頼関係を築き、責任を持って指導する事をお約束します。これからの夏休みサマーキャンプ宿泊合宿が始まります。最新の独自のオリジナルリアルタイム日記も好評ですし、今までの紙面から「WEB連絡カード」で参加するお子様を事前の既往症やアレルギー等をしっかりサポート。さらには、現地でのお子様の記入した栞のお返事は当たり前として、りゅうお先生より直接、会員の皆様専用ページのカルテを作成して、ログインして頂き今日のお子様の活動をしっかりサポートします。お子様をお預けになる処はどこも一緒ではありません。平日限定個人プライベートレッスン体操教室も賜っております。夏休みが幼児や小学生の子ども達が伸ばす。比べてみればきっと分かるはずです。どうぞ、他と比べてみて下さい。自信があるパークスクールレッスンですから、ご安心頂けると幸甚でございます。

更新日:2014年7月1日(火)

初夏の週末アウトドアクラブは木登りと公園巡り

クリックで拡大 6月最後の日曜日は、今年度よりスタートしたアウトドアスポーツクラブの四季折々のワイルドツアーでした。幼児や小学生の夏休み前は、初夏の木登りと公園巡りの日帰りパークスクール公園学校。前日前の雨の影響で、屋外での木登りは出来るかな?と心配していましたが、朝にはお天気も回復して日中の活動中は雨も降らず、お日様の下でお弁当も食べる事が出来ました。でも、本当にちょうど東京駅に16時に帰着した後、滝のような雨が降ってきましたね。皆様無事にご家庭にお戻りになれましたか?さて、今日は木登りですが、木に登らなくても良いのです。木を感じてくれれば。でも、木登りのやり方のコツを伝授したら、みんな感化されどんどん木に登っていたが印象的な一日でした。今度4歳になる現在3歳4か月のお嬢様から、小学生1年生まで、さらにはちびっこリーダーとして小学3年生と小学生5年までのみんな全員自分の力だけで木に登る事にチャレンジ。最後は、木の実(椿の実)を自力で登り掴み取り疲れた中にも満面の笑みでした。やはり何でも自分の事は自分で、どんなに低い処でも自分でやるからやった自信へ繋がるのですね。本日は、久しぶりにストーリー形式のパークスクールで公園を巡りました。まず初めにビデオメッセージから謎の木を探して、お昼のお弁当タイムには、木の絵本の読み聞かせ、この様にして子ども達の気持ちを木(対象物や目標)の方向へ導くとすんなり楽しみながら子ども達は引き込まれていく事でしょう。また、公園や雨でも、綺麗な室内施設でのお手洗いや雨でも活動できる対策、雨上がりの藪蚊対策の虫除けリング、こんな配慮が子ども達も安心でき、もちろん安全にも配慮し、ご両親様もご納得頂けるものと信じています。この様な環境で、お話の流れにのり参加の幼児と小学生のメンバーは、ちびっこリーダーに導かれ、いつの間にか、心理学ではフローの状態(夢中になっている事)が子ども達を刺激し、またご学友にも切磋琢磨が広がり感化され、やる気だけではなく、公園の自然から感性も育む事が出来ました。ちびっこリーダーのお二人もお疲れでした。本人曰く「ボクも3歳3か月からのびのびに参加しているけれども、日帰りの中では一番疲れた」と。ちょうど思春期と言う事もありますが、自分の役割をしっかり果たしてお陰様で先生も助かりましたよ。ありがとう。もちろん、他のお友達も解散時には疲れた中にも自信に満ちたお顔になっていました。この心地良い疲労がやがて大きな自信へと変わっていくでしょう。幼児のお友達や小学生低学年のお友達には、日曜日の1日の短い時間でしたが、とても長い長い大冒険でしたね。解散時の保護者説明会では、「ご家庭で遊ぶ時はココまで疲れて帰ってこないでしょう。でも、お子様をエキスパートに預けると、十分配慮した上で、とことん尽きるまで楽しむ。ご両親では出来ない何かを担っているからです。」とお伝えしたところ微笑しておられましたが。今日も無事終了解散できました。(多謝)さて、最後に夏休み宿泊合宿サマースクールの前に、今回のふりかえりからお伝えします。一日の活動は、疲れからか年齢的にも仕方ないですし、初めてのご参加であればもっと仕方ないと思いますし、何より今までお育ちになった環境が異なりますが「泣いても出来るようになりません!」春から夏休み前のこの季節は、初参加をはじめ、出来ないから泣く事は仕方ありません。ですが、どうしても先生を頼ってしまう傾向があります。普段の生活でも、幼稚園や保育園の先生やご両親様がやって差し上げ手助けをしている場面が多いのではないでしょうか?もちろん、ヘルプカードを出してサポートしていく事は愛情として大切です。でも、時にはしっかり待って自分でやらせるスタンスも必要です。ここ、のびのび教室では、泣いても何をしても自分でやらせています。もちろん、子ども達を見守っています。ここで、気が付かないと伸びないのです。いつでも、「やりたくなければやらなくても良いよ」とお伝えしています。そこで子ども達がどう考え行動するかです。夏休みの宿泊合宿サマーキャンプでは、移動や行動、さらにはお荷物管理など多岐にわたる生活が待っています。ご両親様がいないからこそ自分でやるには、まず自分の気持ちやモチベーションが重要です。本日のストーリー形式のレッスンの様に。指導や関わり方の手出しに微妙な感覚は難しいところですが、手出しをして助けてあげる事だけが優しさではありせん。その一時は良いかもしれませんが、子どもの大きな成長には、待って自分で切り開いていく力も成長過程の一つだと認識しています。今日の木登りの様に、お子様や性別、年齢によって選ぶ木はどれでもイイと思います。出来る事から少しずつゆっくりゆっくりで良いです。今年の夏休みは伸びる夏休みである様に子ども達の夏休みを支援していきたいですね。今週末は、青山こどもの城からスイミングのコーチが2名お越しになります。出来ないから放りおくのではなく、出来るようになる為にはどのようにすれば良いかを常に考え、その手立てを伝えてあげ指導すると意外にも簡単に出来る様になるのかもしれませんよ。これが子ども達へのコツです。水泳検定対策にも対応している少人数個別レッスンが中心の水泳教室が夏休み前の今学期最後のパークスクールレッスンです。お見逃し無く。本日もご参加ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。よく頑張ってカッコヨカッタよ。

更新日:2014年6月23日(月)

夏休みサマーキャンプ前の雨の子ども体操教室

クリックで拡大 今年も入梅ですね。昨日6/22の日曜日は、雨の中での開催で年間型クラブも第二回目のパークスクールデイレッスン。初参加の方には驚かれた事と思いますが、この程度でしたら通常通りレッスンを行います。習い事で体操教室のレッスンが中心なので、某放送局のいちじょうマン(一畳)と言う体操のお兄さんがおりましたが、その通りで、小さなスペースでも開催できるのが少人数制です。屋根付き広場(スペース)でのレッスンは、会場の移動やお支度、お着替えなど大変な事も多かったのですが、その分みんなのモチベーションもアップして本日のテーマである縄跳びも午後の追い込み練習(鬼特訓ではありませんよ。)では、みんな精神的にも気持ちがご学友と切磋琢磨し向上心からヤル気になり各自の今日の目標をクリアーできました。生まれて初めての前まわしから、二重跳びの連続回しまで。夏休み宿泊サマースクール前には程好い程度のプレレッスンとなりました。これで夏合宿や秋の大きな課題に向かって行けそうですね。そこで、宿泊夏合宿サマースクールの前にちょっと皆様にお伝えしておきます。縄跳びのレッスンとは話が変わりますが、自分の事は自分でやるお支度は、ご家庭での自分で出来ると、合宿でのお泊まりは別モノです。初めての合宿参加者にはハードルが高いと思いますが、これも大きく成長す為の訓練です。お荷物がグチャグチャであったり、お洋服がたためない、どこに何が入っているのか自分では分からず出来ない、お片付けが出来ない、すぐに先生を頼ってしまう。まず、事前のご家庭で練習してきていないモノは持ってきてはいけません。子ども達がしんどくなるだけです。水筒のふたを開ける、便利なジップロックの開け閉め等は最低でも事前の練習で出来るはずです。少人数制と言えども団体行動ですし、個人レッスンではありませんのでお子様一人に先生が付きっきりには出来ません。放任している訳ではありませんが、しっかり目の行き届く範囲での教育が、合宿所の掟として「遅れたらおいていくよ。」自分の事は自分で何でもやるから何事にも挑戦する気持ちが育まれるのですよね。ご両親様の元では、甘えている訳ではないと思いますが頼ってしまいます。そこを親元を離れ自律し自立する。やって差し上げる事は簡単ですが、自分でやるから伸びて成長するのです。当たり前の成長過程だと思って下さい。でも、宿泊活動やレッスンには周りに仲間達が居ます。今日のレッスンも、昨年に引き続き年間クラス在籍のちびっこリーダー君は、自分での今までやってきた事を小さい子に伝えようとしています。縄跳びのレッスンの前にパークスクール紙芝居を担当したり、お荷物整理で困っているお友達を助けて上げたり、行動に遅れたら待っていてあげたり。今年度からの小学生の仲間と共に「のびのび魂」の伝統を引き継いでくれていますのでご安心下さい。きっと助けてくれるはずです。この様なご学友と共に成長出来たらイイですね。だから、何でも事前に出来るようになっていなくても結構です。今回のデイスクールの様に夏合宿で気が付き学んで行けば良いので、ある意味で研鑽の場であって欲しいと思っていますし、そこを当教室では訴求しております。出来なくても良いのです。出来る手立てを考え、練習すれば。いつも伝えている「出来た」「出来ない」ではなくそこまでのプロセス(過程)が大切ですから。もちろんお越し頂ければ、プロとして結果を出すのが当たり前ですが。お荷物の管理などは、事前にイラストレッスンカードをお送りします。まずは、頑張ってチャレンジする事。その一歩を踏み出せば、何事も成せると思いませんか。昨日でも明日でもなく、今日をしっかりとやりぬけば、ある時振り返ってその積み重ねが大きな成長となっているでしょう。合宿では、子ども達の気持ちだけではなくご両親の思い、当教室のねらいなど様々です。でも、短い時間ですので楽しみながら成長するには、事前のご家庭でのご協力や支援も必要です。宿泊合宿は、きっと思っている以上に大変な時間です。お子様の気持ちを汲んであげるには、事前のご教育が全てです。大抵の場合は、ご旅行気分で来ると失敗します。あくまでも合宿はサービス業ではなく教育です。有意義な時間が過ごせる様に、しっかりと練習をして大きく成長出来る夏休みであって欲しいと思います。長い目で子ども達の成長を見守りたいですね。本日は雨の中の体操教室で、普段は無い、移動や行動、お着替えやサクッとしたお食事タイムなどなど大変でしたが、本日ご参加で最後まで修了出来たお子様ならば、夏休みの宿泊合宿は大丈夫だと思います。出来なくても、みんなの頑張っている姿がカッコヨカッタですので。それをサポートするのは当教室であり、ご両親の愛情のサポートです。あくまで子ども目線で行きたいですね。
追記:紐の結び方練習してきて下さい。工作ではちょうちょ結び(花結び)に挑戦します。その時に習えば良い事ですが…。ちょっとお時間がある時にでもお子様と遊んでみてはいかがでしょうか。ちびっこリーダー君もお疲れ様でした。ありがとう。あと、解散式の時に昨年年間クラス在籍のお友達とお父様が通りかかりましたが、ゆっくりお時間が無くごめんなさいね。今度また遊びにいらして下さい。

更新日:2014年6月18日(水)

夏休み子ども宿泊合宿前は日曜日のお休み

クリックで拡大 6月15日の日曜日のジュニアとキッズのアスレチックスポーツクラブのテーマは「走る、飛ぶ、ジャンプ」のパークスクールレッスンは久しぶりのお休みでした。なぜならば、参加者が0名でしたから。(笑)こんな時もあるのですね。行事の特異日と申しまして、年に数回、幼稚園や小学校の運動会や遠足、発表会などの行事と日程が重なり参加者が少ない時があります。これは仕方ない事ですが、それでも数名のお申し込みがあるのが普通ですが…。日曜日の習い事東京のびのび教室パークスクールは、あまりと言うよりもほとんど宣伝や広告をしておりませんし、営業活動などもってのほか。(汗)あくまで、お越し頂ける皆様を大切にしたいと考えており、ご学友のご紹介等で運営しております。もちろん、ネット検索等で見つけてアクセス頂ければ歓迎してお受け致します。でも、当教室は少人数制です。あくまでも目の行き届く範囲でお顔の見える信頼関係で成り立っております。その為、今回の様に参加者が居ない事もあるのです。でも、こんな時にこそ、お申込みになっていたら、みんなの大好きなりゅうお先生を1日独占できますね。もの凄い事だと思います。子ども達の夏休みの当教室所有合宿所での宿泊サマースクールは、6名限定のおもてなし。りゅうお先生はじめみんな大好きな講師陣の濃い時間が間もなく始まります。すでに、2014夏休みサマーキャンプは、定員に達しキャンセル待ちのクラスも出てきました。もちろん、まだ7月の初めてしっかりサマースクールB日程や、8月のロングサマーキャンプには空きがあります。夏休みまで1か月前になり、各ご家庭のご予定が分かる頃ではないでしょうか。参加受付人数がどこよりも少なく追加募集は一切しません。宿泊合宿は、参加者0名になる事はありません。でも、参加者がさらに少ない方がじっくり取り組めるのでお得ですね。たまに、こんなチャンスもありますのでお見逃しなく。画像は、東京日本橋事務局より見える、お隣の幼稚園と小学校の運動会風景です。伝統ある日本橋の今はビルに囲まれ(左奥がロイヤルパークホテルです。)園庭や校庭も小さく見え、都会のど真ん中に在住される方も少なく児童や園児も少ないのですが、運動会ではみんな頑張っていました。安全を考えるあまりに今時は組体操も小さなピラミッドが多いのですが、ここ日本橋では見事に大きく、周りのビルにも引けを取りません。人数が少ないからこそできる事があるのです。比べてみれば分かるはずです。幼児と小学生の夏休みも間もなくです。先日の日曜日は入梅ですが、夏日を思わせる日和でしたね。たまの日曜日のお休みは充実した父の日でした。いつもありがとう〜。またねっ。

更新日:2014年6月10日(火)

日曜日の子ども体操教室でトランポリン

クリックで拡大 6月の日曜日の子どもの習い事体操教室は東京日本橋から出張して江東区の公園でレッスン。アウトドアでの公園学校はパークスクールです。(パークスクールは当教室の登録商標です。)子ども体操教室でも珍しいトランポリンの登場です。所有の海の合宿所にある大型トランポリンと異なりジュニアキッズ用のミニサイズのトランポリンですが、画像の通りしっかり基礎の動きがマスター出来ます。本日は、梅雨の時期ともあり週末にかけて雨でした。幸いに、日曜日はほとんど雨も降らずホッと安心していましたが、子ども達が楽しみにしてくれる日曜日の体操教室パークスクールは、お子様をお預かりするスタイルの保育も担っているので中止はほとんどありません。屋根付き広場(スペース)にて会場を移動してのレッスンなので安心ですね。でも、子ども達は雨の方がいつもと違いワクワクどきどきしていたのでは。こんな子どもの優しい気持ちもホワッとしますねっ。日曜日の体操教室は少人数制で一日限定8名の受付ですが、春の運動会シーズンと重なり参加人数は少なく雨の中でも程良く充実したしっかりレッスンが出来ました。昨年春から在籍の小学生のお友達や初めてご参加になる幼児のお友達など思いや年齢的にねらいは異なっても挑戦する気持ちは同じ。出来ない事が一日で出来るように頑張るのがパークスクールの新スタイルですね。野外には子どもたちを惹きつける何かがありアウトドアマジックとでも言いましょうか。みんなグングン成長しています。画像の通りのレッスン風景ですが、トランポリンで単に遊んで楽しんでいる訳ではありません。もちろん、足首や膝、腰のバネを柔らかく使い身体の動きをマスターしていくのは分かりますが、何の動きでしょうか?まずは、先週までレッスン課題でした跳び箱です。ジャンプの動きから肩の前方送り出しまで体得していきます。さらには、連続リズムジャンプで秋から冬の課題の縄跳び短縄の練習。しかも、脚腰の動きからキッズやジュニアのスキーバッチテスト対策まで網羅した全く新しいカリキュラムです。5歳の幼児のお子様も全力で向かっていますよね。初めてのご参加でもこれから夏休みのサマースクールに向けて期待できそうですね。夏休みの宿泊合宿が子ども達を大きく伸ばします。生活面からビシッと指導するので、やる気スイッチオン。ここが少人数制での宿泊スタイル合宿で何事にも向かって行けるチャレンジする気持ちを育みます。今年は、自由研究発表会でのプレゼンテーション夏休み宿題対策やプチ職業お仕事体験など自然体験や体操教室以外にも盛りだくさん。全ては少人数で宿泊するご家族同等にお預かりするのでその成果はお分かりですよね。毎週日曜日に体操教室をはじめアウトドアレッスンをどこよりも目の行き届く範囲の少人数制で開催しています。夏休みのサマースクールデビューの前に成功体験をしてはいかがでしょうか。

更新日:2014年6月2日(月)

3週連続跳び箱完成率100%達成の体操教室

クリックで拡大 日曜日の子ども専門の習い事体操教室アウトドアパークスクールは今週もキッズとジュニアの体操教室跳び箱でした。5月18日の日曜日から始まり、第三回目のレッスンも参加者全員見事跳ぶ事が出来ました。(3回のレッスンで参加メンバーは入れ替わっています。)これで、今年の跳び箱シーズンも完成率100%でした。みんな日曜日1日の短いレッスンで本当によく頑張りましたね。特に今回は、今までの幼児用のミニ跳び箱ではなく、小学生サイズの本格的な大きさ。2回目のご参加の幼児4歳のお友達も跳べたのでしょうか。もちろん、跨ぐのではなくしっかり跳んでいます。まだまだ動作不安定で、10回中2〜3回程度の成功率ですが、確実にスキルアップしています。さらには、小学生チームの2名のお友達は、高さに挑戦して見事画像のようにキレイに跳ぶ事が出来ますが、午後になり、ちょっと気持ちが弱くなったのでしょうか?到達度テストでは、確実に跳べる段をセレクトしました。今回の跳ぶ高さはお子様自身が決定する「チャレンジバイチョイス制」です。でも、レッスンでは、先生の補助も付いているので、もっともっと果敢にチャレンジして欲しいと思います。この挑戦の続きは、夏休みサマースクールで。さて、ご参加の方より開催後に嬉しいご連絡を頂きました。
『今日は暑い中、ご指導ありがとうございました。一度だけお兄さんたちに準備で勝てたことがとてもうれしかったようで、帰りながら色々話してくれました。また、いただいたシールを説明してくれたり、次回はスタンプで、その次は金メダルが貼られるなど、それを楽しみにしていたようなので、次回も何とか参加できそうです。サマースクールに参加したいと思っております。お泊りは本当に初めてなので、不安でまた泣いてしまうかもしれませんが、きっと乗り越えてくれるのではないかと期待しています。跳び箱は飛べなくてもと思っていましたが、最後に飛べたのを見たときは本当に感激しました。ありがとうございました。また、前回出来なかった生活面も見違えるように一人でこなしていく姿は親としてとても誇らしく思います。これも先生のおかげです。これからも鉄棒、縄跳びなど出来る限り参加できればと思っております。』
これは、何も先生の御蔭ではなく今までのご家庭のご教育の賜物とご本人のやる気です。そこに、少人数制レッスンがきっかけとなっただけでしょう。もちろん、個人プライベートレッスンも有効的ですが、通常レッスンでもしっかり目の行き届く少人数制ですから、そのお子様に合わせた指導が可能です。そして何より個人レッスンが中心ではありますが、周りに仲間がいる事。お友達がいる事によって行動が感化され、自信をもっと高める競争心が養われるのです。頂いた感想が全てを物語っていますね。まさにご参加の方による東京のびのび教室体操教室パークスクールの口コミ情報です。この大きな成長の続きは、明後日6月4日より2014夏休みサマーキャンプ宿泊合宿のお申し込み受け付けが始まります。内内的には会員の皆様がご参加頂けるとの事を聞くと嬉しくなり、先生や講師陣はこれを糧にやる気が出てくるのですね。(子どもと一緒のモチベーションです。)体操教室の種目だけではなく大自然の海や山で感性を磨く。そして親元を離れた共同生活宿泊合宿で生活面のスキルアップを目指し、こんな挑戦する気持ちからまた体操教室の種目や日常生活のお勉強などへ向かう。こんなフィードバックするサイクルが子ども達を大きく伸ばし成長させるものです。一歩一歩ゆっくりゆっくりでも良いので続ける事により見えてくるモノがあります。「モノより思い出」まさにこの言葉がぴったりな何処にも負けない極少人数制は、他にマネの出来ないと自負しちょっとした自慢であり、お子様に気遣うお父様お母様のステータスでもあります。比べてみればきっとお分かりになるはずです。東京のびのび教室パークスクールは絶対の自信があります。いつでもりゅうお先生を中心としたお顔の見える信頼関係を築き、今年の夏休みも、どこよりもお子様を大切にお預かりする事をお約束します。
追記:お昼休みには、昨年の体操教室年間クラスに在籍していたお嬢様が遊びに来てくれました。新しい自転車を買ったそうです。また、ご参加にならなくてもお弁当を食べに来るなどお顔を出して下さいね。こんな繋がりもとても嬉しかったです。

更新日:2014年5月26日(月)

年間ハイパーサポートプログラム2014体操教室

クリックで拡大 2014年5月25日の日曜日に新年度開講しました。唯一の年間型体操教室ハイパーサポートプログラムの第1回レッスンは、跳び箱チャレンジです。幼稚園4歳から9歳の小学生3年生までが集まり参加者全員、日曜日の1日短期集中レッスンで見事跳ぶ事が出来ました。先週に引き続き今回も完成率100%です。初回と言う事もあり少人数制ながら受付にお時間が掛かり申し訳ありません。これも、丁寧にお子様をお預かりする為に、申し送りや参加者プレゼントのお渡し等で事前保護者説明会からレッスン開始までにお待たせしました。さて、今年のメンバーは、昨年も在籍してくれ本年度も参加を申し出て下さいました、小学生のちびっこリーダー候補生や昨年から在籍の幼児のお友達、2014年の今年に入ってから個人レッスンが中心でご入会の幼児や小学生などメンバーも様々ですが、集合時からみんなの笑顔があり、これも継続されているからこそ子ども達の心のゆとりも生まれ遠足気分の楽しいパークスクールレッスンの年間体操教室のスタートとなりました。レッスン開始が遅くなりましたが、しっかり準備体操をして身体だけでなく心のコンディションも整えます。もちろん、初めてご参加のお友達も居らっしゃいましたので、『東京のびのび教室パークスクールレッスンの掟(微笑)』を紙芝居で学びながら、午前中のレッスンでは体操教室跳び箱のコツを伝授。先生からは「跳び箱が怖かったお友達?難しかったお友達?」との問いかけにはみんな全員揃って「怖くない!簡単簡単!!」と元気いっぱいでした。お弁当タイムの前にお手洗いに行き、みんな揃って「いただきま〜す」とランチタイムもノリノリでしたね。もちろんお弁当が終わったら恒例のりゅうお先生の公園探検ツアーに出かけますが、初めてご参加の幼児のお友達はまだまだお支度に時間が掛かる為、女性スタッフの先生と個別の生活巧緻レッスンとお手洗いタイムで少人数制よりも個別対応が出来て保護者の方からも嬉しいお言葉を頂きました。でも、掟である「みんなに遅れたら置いていくよぉ〜」と。決して放任している訳ではなく、教育管理の元に目を届かせている範囲ですが、遅れても手伝ってくれる。誰かが何とかしてくれると甘えてしまっては、この先の挑戦する気持ちが育まず駄目なのです。自分で何とかしてついて行き、その出来た喜びを楽しみに、そしてさらに挑戦する気持ちに伸びて貰えたら、何も体操教室の種目だけでなく、今後の生活にもお勉強などにも繋がる「やる気」に大きく成長する事でしょう。こんな生活面の指導からもしっかり手厚く指導するから伸びるモノですね。さて、午後のレッスンでは、引き続き体操教室跳び箱の事を指導していますが、年齢やご受講回数に合わせて跳び箱の高さや助走の仕方等を個別指導中心でレッスンが進みます。男の子も女の子も4歳の幼児でも小学生3年生でもひとり一人に合わせたピンポイントでレッスンをするから、跳び箱の段や跳び方のスタイルは異なりますが、受講メンバー全員「跨ぐ」のではなく、見事「跳ぶ」事が出来ました。ご参加の保護者の方より『飛べた!と、大喜び!自信につながる第一歩を、頂きました。宿題の日記帳に、即刻書いてました。跳び箱の事、木場公園の事、盛り沢山 (^^)に。』嬉しいご連絡をありがとうございます。先生や講師陣はこの一言と笑顔が一番の宝物ですね。(多謝)唯一の年間クラスは対個人を大切にしたいので、お休みの方には特別に振替ご受講サービス対応で、今週末6月1日(日曜日)は体操教室跳び箱ステップアップクラスその(2)が開催されます。さらに大きな跳び箱にチャレンジします。もちろん、個別対応で初めてしっかりサポート。今日も、笑顔と共に出来た自信を持って、レッスン後の保護者向け説明会とテクニカルなポイントをお伝えし個別面談が終わり無事に終了しました。次回6月22日の日曜日は、早くも縄跳び二重跳び(短縄)が登場します。すでにキャンセル待ちで大人気の手厚く伸びるハイパーサポートプログラムは、来春開校の2015年受付準備スタンバイ中です。無料メルマガ登録で最新の情報を入手してはいかがでしょうか?ご参加の皆様ありがとうございました。年間クラスは来春(2015年2月)まで続きます。

更新日:2014年5月20日(火)

日曜日跳び箱教室は1日で全員跳べたよ

クリックで拡大 5月18日に日本橋の幼児体操教室が、江東区の都立木場公園の会場でレッスンを開催。出張型日曜日短期1日完結パークスクール跳び箱ステップアップクラスその(1)は、参加者全員跳び箱を跳ぶ事が出来ました。次回、ステップアップクラスその(2)は、小学生サイズの大きな本格的用具の跳び箱を利用してのレッスンです。6月1日(日)10:30〜スタートします。連続受講の方も、まだお申し込み受け付けがお済でない方も、この時期は幼稚園や小学校の春の運動会シーズンの為、お席に空きがございますので東京日本橋事務局までご連絡下さいませ。1日限定8名のおもてなしです。さて、今年に入り新規ご入会され、このところメキメキと体操教室の種目だけではなくお話を聞く態度や集中力、やる気が出て来ているお友達の画像です。今週末の日曜日から始まる年間クラスにも在籍の幼児のお友達は、画像でもお分かりのように4段跳べたのですが…。ここで失敗して彼のモチベーションが下がってしまわないように来週に取っておきましょう。こんな心のメンタルな部分も教育で担っている少人数制は、ご家庭のご教育方針に合わせてお顔の見える信頼関係を築いています。だから、継続する事により短期間でもグングン伸びるのですね。さて、4歳の幼児から小学校3年生までのメンバーがご受講になりました。跳び箱を跳ぶ高さの段数は異なるものの全員しっかりと跳ぶ事が出来ました。単に「跨ぎ越す」のではなく、しっかり「跳んで」いますよ。レッスン後の保護者説明会でもお伝えしましたが、跳び箱で一番重要なコツである手の着く位置とポイントの肩の前方送り出しがしっかり出来ているでしょ。これをマスターすれば、次回のその(2)のレッスンでの小学生サイズの大きな跳び箱でも、要領は一緒ですので後は気持ちの問題だけ。お友達と切磋琢磨して跳べる事に感化され自信へと繋がって欲しいと願っています。ちなみに、跳び箱は誰でも1時間もあれば跳ぶ事が出来ます。もちろん先生の『業』もありますが…。本日も、午後のお弁当タイムのお昼休みからご参加になった幼児5歳のお友達は、持ち前の集中力で、アッという間に身に付き体得し13:00からの午後のレッスンからでしたが、14:30の到達度テストの時には、3段ではなく4段までも跳ぶ事が出来ました。当日は非常に暑い日でしたので、休憩をこまめに取りつつ個人のレッスン時間にして30分程度でしょうか?学校の体育の授業や幼稚園の正課では教えてくれない『出来る為にはコツがある。』ご参加の皆様の感想では、「今までにも他の団体の子どもキャンプやスキーキャンプには参加したことがあるのですが、りゅうお?先生のような素敵な先生による今回のような本格的に運動系の話しや練習をさせていただいたのは初めてです。主人も満更ではではなさそうでした。少人数と言うこともあって、目が行き届いているのが良いと思いました。」と嬉しい評価も頂きました。週末5/25日からは、開講が遅いと思われがちですが、2014年間クラスもスタートします。子ども達の夏休みに向かい毎週末レッスンを行いますのでご見学は屋外ですのでオープンにしております。雰囲気や子ども達の笑顔に会いに来て下さいね。夢と希望はいつでもそばにありますから…。

更新日:2014年5月12日(月)

母の日の日曜日体操教室は運動会対策かけっこ

クリックで拡大 5月11日のパークスクール体操教室は、幼稚園や小学校の春の運動会対策かけっこ短距離走でした。例年の事ですが、ようやく5月のスタートとなり本格的なレッスンが始まりました。(幼児や低年齢の小学生を中心とした4月はプレ開講期間中です。)これからは、跳び箱やトランポリン、スイミングから登り棒うんていまで、さらには鉄棒の逆上がりや縄跳びの二重跳びまで。今ここで、しっかりと体操教室の基礎の動きをマスターすれば、夏のサマーキャンプ夏合宿を乗り越えて秋には何でもマスター出来る事でしょう。さて、日曜日の子供専門体操教室は、非常にご好評を頂いております。また、パークスクールは少人数制なので、大手スポーツクラブさんの様に待ち時間も少なく、さらには、1日完結型のレッスンで、カタチが変わり出来るようになり自信が付くだけでなく、良いお天気の中の広く大きな公園で身も心もリフレッシュする事が子ども達の成長に大きく影響しているのだなと実感しています。今日は、母の日です。モノより思い出。その言葉の通りかけっこでタイムアップして運動会で一番になる事!!これが最大の贈り物のようですね。さて、会員の皆様には、会員専用サイトにて、本日のレッスンをリアルタイムでお伝えしております。そこで、レッスン終了後に先生自身もPadで確認しましたが、第一回目の20メートル計測時は、まだ何も習っていないのでフォームが滅茶苦茶です。午後のレッスンの3回目の最終計測では、明らかに子ども達のかけっこの走り方フォームが違うっ。来週のレッスンまで公開しているので、ぜひご覧頂けるとご自身のその目ではっきりお分かりになると思います。もちろん、走りのカタチフォームが変わると当然ながらタイムアップもしますよね。参加者全員0.5〜1秒程度記録が伸びました。「たかが1秒でしょ。」と笑いになる方もいらっしゃると思いますが、幼稚園や小学校でのかけっこ徒競走レベルでは、この1秒は非常に大きな『差』になります。距離にして、子どもの伸長程度でしょうか。でも、どの運動会に行ってみても、スタートでこの1秒程度の伸長分の差はなかなか追い越せないのが事実。直接、運動会をご覧になれば分かるはずです。もちろん、一緒に走るご学友で飛びぬけて早い走りをするお友達がいれば、抜かされてしまいますが…。それでも、スタートダッシュの「差」は重要なポイントです。東京のびのび教室の日曜日の体操教室パークスクールでは、あくまで運動会のかけっこで勝つ為のスキルアップを目指しています。本気で走りが早くなるようになるには、一日にしては成らずだと思いますが。子ども達の自信への第一歩のモチベーションアップやレベルアップのきっかけとして、スタートを中心としたレッスンを行いました。昨年も同じレッスンをご受講のお二人のメンバーは、昨年のタイムアップカードをご持参頂き、今日のタイムアップだけでなく昨年よりもずっと早くなっているっ。これは、なにも当教室のレッスンだけでなく、毎日日頃のご家庭のご教育の賜物であり、子どもの大きな成長の証しです。また、もう一方は、「運動会で1番になったんだ!!」と、嬉しいお言葉を頂きましたが、少人数制でのレッスンで担当の先生が責任を持って指導に当たるので、通常のレッスンの他に腕の振り方や中間疾走やゴールの仕方まで伝授しました。母の日の何よりのプレゼントですね。でも、母の日は何も特別な事をしてプレゼント等しなくてもいいと思います。(嬉しいのは事実ですが。)それよりも、毎日相手の事を想い、気遣い生活している方がず〜とっ素敵ですから。東京のびのび教室では、常日頃「女の子と小さい子は大切にする事!!(優しい気持ち。)」を家訓の様に伝えております。お母さんは女の子です。いつまでもいつまでも優しくしてあげて下さいね。まぁ、そんな事を考えずに気にせずに、子ども達は毎日のびのびと生きてくれれば良い事ですが。でも、欲を言えば、春の運動会の徒競走かけっこでは一番を取って貰いたいですし、プレゼントも欲しいなっ。よくばりですが、期待しすぎずに今日のレッスンも無事終了。みんなの笑顔にたくさん会えました。本当にありがとう。
追記:
GW後のこの時期に急に暑くなってきています。これからの暑い季節は、水分補給と日焼け止め対策をしっかりとお願い致します。(お弁当の中毒対策やアレルギーにもご家庭でご配慮下さい。)どうぞ宜しくお願い致します。

更新日:2014年5月7日(水)

ゴールデンウィーク後半から2014夏休みへ

クリックで拡大 楽しかったゴールデンウィークも終わってしまいましたね。皆さんはどんな充実した日々だったのでしょうか?お休み期間中は、海の合宿所でスタッフ研修期間でしたが、東京日本橋事務局も本日より業務再開し子ども達の夏休みサマーキャンプに向かっています。今年は、会員専用日記ページでスタッフ研修会の様子を公開してみました。WEB中心の新スタイルへと運営体制が変わり、日本橋事務局がお休みでも皆様と繋がっていますね。当教室ではSNS機能を使っておりません。使っているツール(システム)が古典的ですが、タイムライン的な日記やツイッターの様な情報発信。いいねボタンの掲示板やフェイスブックではありませんがオフィシャルホームページの会員交流サイト等々独自のシステムで運用し会員の皆様より好評です。ツールが古くてもやっている事は最新です。アカウントではありませんが、独自のシステムなので、SNSより安心して利用閲覧が出来る。会員様よりお声を頂いております。これからも、子ども達のレッスン風景だけではなく情報発信やいち早い公開が出来たら良いなぁと思います。そこで、前回の続きですが、宇宙のその手前にある空を訪ねに羽田空港の格納庫に行って参りました。飛行機の大きさに驚くのは分かりそうですよね。実際に飛行機に乗っている時にはあまり気にしていませんでしたが、格納庫や滑走路が広い!大きい!!こんな忘れていた事にも気づかせてくれる見学会でした。2014年夏休みサマーキャンプ宿泊合宿では、きっと毎日のタスクやルーティンで忘れかけていたモノを探し想いをカタチにして伝えたいとスタッフも張り切っています。でも、あまり肩肘張らずに等身大で子ども達と共に時間を過ごしたいと考えています。格納庫の扉の向こうには、大きな大きな滑走路があります。画像の光の向こう側です。今まさに飛び立つ飛行機の様に、今年の夏休みは幼児や小学生のキッスやジュニアの子ども達ものびのびと成長できる出発を待っています。海の合宿所から大空に向かって翼を広げ、雅やかな時間を過ごしては如何でしょうか?5月下旬よりお申し込み受付開始予定です。少人数制の為、追加募集は一切行いません。家族旅行の延長線。でも教育的な思いは忘れません。素敵な夏休みで成長出来る夏休みであります様に…。

更新日:2014年4月29日(火)

みどりから昭和の日へゴールデンウィーク

クリックで拡大 本日4月29日は、みどりの日から昭和の日へ。祝日ですね。毎年、日本橋事務局のゴールデンウィークは休業期間中です。会場で行うスクールデイレッスンもお休みですが、先生やスタッフは、早くも子ども夏休みサマーキャンプ合宿の為、海の合宿所マリンハウスにて研修会や準備を行っております。本来であれば、通年お休み期間は、本サイトの公開日記等の事務局作業がお休みなので滞ってしまっておりましたが、インターネットに接続できる環境が整いWEB受付中心の新スタイルのお教室へとリニューアルしましたので、休業期間でも皆様と繋がっている感じがして嬉しく思います。さて、今年の幼児と小学生の夏休みのご予定も大まかにそろそろ出始めた頃だと思います。スタッフや先生は、今年のサマースクールの準備や研修会でこの時期も大忙しです。当教室取得合宿施設マリンハウスを中心にGWも活動しています。そこで、合宿所(2011年秋)を登記し、2012年夏休みにグランドオープン、昨年(2013年初夏)広大な土地の海に面している裏山も取得しました。これで、海も持っている山も持ている。とスタッフで話をしていると、空を見上げ、「これはもう宇宙しかないねっ。(宇宙キターァ仮面ライダー風!!)」と思い、先日、筑波にあるJAXA(ジャクサ)に見学に行って参りました。これには、ビックリですが、もういつもの夢や希望を通り越して、本当に現在宇宙で活躍している宇宙ステーションの『きぼう』の通信指令室を見たら、「ついに我々もここまで来たか…。」(笑)とヘンに胸が高まったのを覚えています。この、わくわくドキドキ感を今年の2014年夏休みは子ども達に伝えたいと今から意気込んでおります。と、ここまでは順調でしたが…。某スタッフより、「宇宙まで行ったは良いけれども途中のお空は?」と。その通りでございます。あまりにも意気込みが高すぎて、宇宙まで来てしまったのであります。(汗)忘れていた訳ではありませんが、忘れたものを取りにGWの研修中には、羽田空港の格納庫も実地踏査したいと思っております。これで、海も山も空も宇宙も子ども達に伝えられますね。(喜)2014ジュニアとキッズの夏休み子どもサマーキャンプ夏合宿のサマースクールも準備も着々と進んでおります。所有施設の合宿所マリンハウスは、少人数制で6名限定のおもてなし習い事レッスンです。どんな体験ができるかはお楽しみに…。取得のマリンハウス合宿所は、海が目の前で緑の山に囲まれ、昭和レトロなおじいちゃんおばあちゃんのお家の様でもあり、完全リフォームで現代風にアレンジしました。そこは、新スタイルの子ども専門宿泊型習い事合宿でゴールデンウィークからすでに始まっています。引き続きご家庭で素敵なGWの休日をお過ごし下さい。

更新日:2014年4月22日(火)

東京駅丸の内から幼児と小学生の体験学習

クリックで拡大 日曜日の習い事パークスクールはキッズとジュニアの為の1日完結型のアウトドアクラブです。4月のプログラムは、ゴールデンウィークを前に春を探しに出かけます。4月20日の日曜日は一人でも、ご家族でも春は探しに行く事が出来ますが、新しい仲間と共に新しい発見の連続の大きな冒険となりました。きっと、お友達や先生と一緒でないと見つける事が出来なかった「気づき」かもしれませんね。今回も少人数制で1日のツアーに出かけますが、参加者が少なく会員の方のお顔の見える信頼関係で成り立っているプログラムなので、決められたアクティビティだけではなく、ご家庭のご教育方針やご意見をヒアリングして、極力取り入れたレッスンとなりました。アウトドアクラブでは開催できない体操教室のボールや鉄棒の逆上がりから、お話を聞く態度やお食事の仕方、生き物探検などなど。会員制ならではのプログラム展開ですね。今回のご参加のメンバーは、本当によく褒めて上げて下さいね!!プログラム満載で、来月の歩くプログラムも淘汰する大冒険だったのですから。何より小学生のちびっこリーダーも大変疲れていた様ですが、4歳や5歳の幼児の参加者も弱音を吐かずに涙も見せず、最後まで歩き自ら発見し行動していた点は、今回のプログラムではなく、今までのご家庭でのご教育の賜物です。また、ちびっこリーダーも本当によく頑張りました。解散時の感想は「大変だった!疲れた。」とコメントを頂きましたが、これで良いのだと思います。参加するよりもずっと責任感もまし、小さな子ども達に春を見せたいがあまりに必死になって探している姿。きっと小学生ながら幼児のお友達にも伝わった事でしょう。親父の背中ではなく子どものちっちゃな背中ですが、それは大きさではなく「想い。」本日は、挑戦する気持ちや感性を育みましたが、これはご家庭では担えない何かだと確信しています。普通の親たちが子どもから取り上げてしまう楽しみ。何も分からなくてもただ感じて欲しい…。センスオブワンダー(sense of wonder)の世界ですが。感じる心を持ち合わせてオトナになって欲しいと願っています。ついつい親心としては、公園で遊んでいても指導してしまいがち。花や虫の名前から、遊び方まで…。でも、本当は『「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。』最後に、いつもお会いしているお子様より「先生大好きっ!」と言われた事がこの時期とても嬉しく、何よりも一番春が来て春を見つけたのは先生の頭の中ではないでしょうか。(喜)ここに来て良かったと思う瞬間でした。次回6月の初夏のワイルドツアーは「歩く」から変更して「登る」木登りにチャレンジします。単に木登りだけではなく、木の温もりを感じてみませんか?きっと何か語りかけてくれるはずです。夏休みサマースクールでは、当教室で取得登記した広大な土地の裏山で遊ぶ前に…。登ればきっと何かが見えてくるはず。登る事にとらわれずに、身近な公園で触れ合いましょう。これで、これが良いのですから。(画像はたんぽぽの綿毛ふーのタンポポをちびっこリーダーが見つけて幼児のお友達と一緒に吹いているところを真剣に見つめています。こんな柔らかいホワッとした瞬間を大切にしたいですね。)
全500件 【No.201 〜 No.240】 / 前の40件1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次の40件