東京のびのび教室 「こどもQ&A・スタッフ日記」〜子どものキャンプやスキースクールなどの紹介。また、スタッフの日ごろの活動日記や質問コーナーも公開。〜
東京日本橋の幼児と小学生の為の少人数制子ども専門アウトドア型スポーツ幼児教室です。新しいスタイルの日曜日の体操教室レッスンは、パークスクールと名付け登録商標です。また、JR東京駅集合の夏休み幼児と小学生のサマーキャンプや東京発宿泊型の冬休みジュニアバッチテスト合格を目指す子どもスキースクールや春休み子供専門スキー教室もあります。全てのスクールレッスンは、『東京のびのび教室』の会員専用ホームページにて現地よりリアルタイム日記を公開していますが、一般の方にもご覧頂けるように本ページで子ども達の活躍の一部を公開します。現地のレッスン日記やスタッフの日々の出来事、さらには、最新のスクールイベント情報をご案内。
パークスクールの最新情報はこちら スキー教室と国内ホームステイボーディングスクールお問い合わせとお申し込みこの時期お勧めのスペシャルスクール

子どもの跳び箱、縄跳び、鉄棒のコツ平日限定で人気のりゅうお先生が直接個人指導唯一の年間型子ども体操教室で伸びる

『2018冬休み子どもスキーキャンプ宿泊合宿は少人数制スクール受付中』
(SAJ全日本スキー連盟ジュニアバッチテスト合格の為の幼児と小学生のどこよりも少人数制。)

YoutubeへSAJジュニアバッチテスト攻略法の動画をアップ!

こどもQ&A スタッフ日記一覧

更新日:2018年9月11日(火)

秋の子供運動会対策かけっこ短距離走

クリックで拡大 子ども達の夏休みが終わり9月の秋の新学期子ども体操教室パークスクールも開講しています。日曜日は、雨の中でしたが、屋根付きスペースにてレッスンで安心ですね。人気の秋の運動会対策かけっこ短距離走ですが、今年は曜日回りのせいか、夏休みの宿題が終わっていない子ども達も多い様で…。参加も少なく、少人数制よりも個人指導の待ち時間も無くじっくりトレーニングをする事が出来ました。さて、『早く走るには?』こればかりは1日にしてならず。しかし、幼児や小学校の運動会レベルの徒競走では、1日短期でのタイムアップも可能だと捉えており毎年春と秋に開校し、運動会のリレーの選手に選ばれた!徒競走で一番になった!と嬉しいお言葉を頂戴します。早く走るには理論上、ピッチとスライドしかありません。このポイントは、先生が参加の子ども達を的確に見定め指導していきます。そして、何よりも大切なのは『スタートダッシュ』です。ヨーイの構えの位置からドンのタイミングに合わせた身体を先行したロケットスタート法までを短時間集中で体得していきます。すると、タイム計測毎にタイムアップし、子ども達は嬉しそう。そしてやがて自信に変わって行く表情が印象的でした。この臨場感は、ぜひ日曜日の子ども体操教室にご参加になり味わってみては如何でしょうか?秋からは鉄棒逆上がりや縄跳び二重跳び子ども日帰りデイスクールを完全網羅したカリキュラムが登場します。秋は発表会や運動会な特異日が多く、また連休もある為、参加者が少ない場合がございます。その場合でも個人指導等に振り替えて責任を持ってご指導にあたる事をお約束します。是非、皆様のチャレンジをスタッフ一同心よりお待ちしています。ご参加ありがとうございました。

更新日:2018年8月30日(木)

夏休みの最後はやっぱり男旅Ver2018

クリックで拡大 毎年恒例「冷やし中華始めました!」の様に、東京のびのび教室の夏休みサマーキャンプが始まり8月も終わりになり最後はこちも恒例の『男旅』です。宿泊合宿は、何でも自分達で行うので大変ですが、この大変さが毎年伸び代だと実感しています。合宿ではひとつ屋根の下の生活。少人数制と言えども自分の思い通りにならない事もありますが、『不自由さを楽しむ』。今の時代に忘れている様な昭和の感覚でしょうが、大切な事の一つだと感じています。決して、努力や根性、我慢が大事だと言う時代錯誤のスパルタではありません。ですが、どれも三つ子の魂…。幼少期に身に着けて行った方が、宜しいかなぁと思うスキルの一つです。親業として、一番は「子ども達の意見」を尊重するのは間違いありませんが、ご両親様がその大変だった気持ちを受け取り迎合するのは愛情を履き違えていると思います。しっかり振り返り、また背中を押して送り出してあげられる姿勢こそが、誇り高きお子様に対する至高の愛情だと認識しています。もちろんタイヘンだったらお辞めになるのも一つの手段でしょう。決して無理強いはよくありません。でも、この先の子ども達のあたたかな未来に向かって共に考え時間と場所を育むのが、この長い長い夏休み期間だと考えています。もうすぐ8月も終わりに近づき夏が往きます。これからの成長に向かい、ご家庭でのご教育も再度見直してみたら如何でしょうか?決してご家庭のご教育方針や家訓に口出しする訳ではありませんが。さて、画像は、ようやくココまで辿り着きました!3歳の幼児から通って現在中学生になりました。見事な波乗りのライディングです。ライフセーバーなどで有名なサーフカヤック(ウェイブスキー)と言います。台風のうねりの最後ですが、一人で波乗りが出来る様になるまで成長しました。のびのびのみんなのPAPAとして嬉しく感じました。まぁ紆余曲折ありましたが、昨年までは島旅にてタンクを背負いスキューバダイビングにも挑戦しスキーでは登竜門の一般バッジテスト検定2級も今春小学生で合格!これからの伸びしろが楽しみです。継続よりのお顔の見える関係からの信頼関係があるからこそ、お子様お預かりスタイルのホームステイの実現です。短期で完成し出来る楽しみ。継続していくからこそ生まれてくる喜び。HAPPYのお返しをこれからも皆様に提供できたらいいなぁと感じています。夏休みご参加ありがとうございました。(多謝)引き続き秋からのレッスンでお会い出来る事を楽しみにしています。平成最後の夏休みは、「約束する、ボクがみんなの最後の希望だ!」ありがとう2018夏休み。またねっ。

更新日:2018年8月26日(日)

富山合宿はお子様お預かりスタイルのホームステイ

クリックで拡大 2018年8月22日は、富山が日本で一番暑い夏の日でしたね。39.5度を記録し富山の世界一綺麗なスターバックスに行きましたが、この日、日本一暑かったカフェだったのではと感じました…。(笑)画像は、寄宿所より立山連峰を眺めています。小学生のお友達は遠い目で…。ブログ日記では語り尽くせぬ4日間の旅でした。幼児より在籍のお子様お一人の為だけに開催。担当スタッフは、当教室に20年ほど在籍していて現在富山大学の学生リーダーが名乗りを挙げてくれ実現しました!もちろん参加者同士の時もありましたが、今回は師弟関係。想いは伝わったのでしょうか?ですが、残念な事に今回はアクティビティ中に足を捻ってしまい多くの皆様にご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。万が一を考え現地富山で整形外科にも連れて行きましたが、足首の骨折や剥離骨折でもなく、靭帯損傷も無し。との医師の見解で少しホッとしています。(レントゲンだけではなくエコー検査も行って頂きありがとうございました。)北陸での高温や本件があり主に大学研究室にての活動でしたが、皆様のご協力で成り立ちました。活動プログラムでは、「のびのびの合宿ははなまるよりも10倍タイヘン!」と。先方は、「稼ぐ力」かもしれませんが、当教室は「どうにかする力」です。タイヘンな活動ですが『まだ遠くまで行けるだろう。』と。より高みを求め切磋琢磨し、時には叱咤激励し訴求し続けスキルアップを目指しています。なので、当教室はハードルがかなり高いと思います。ですから、他団体に行けばきっとヒーローの様にリーダーシップが取れるのは必然であり、次世代を担う彼の将来の希望に繋がって欲しいと願っています。まだまだ子どもですから、臨機応変や予期せぬ事への柔軟な対応は、大人であっても苦労ですし、でも「今挑戦せよ!」と常々言い聞かせないと、きっとeasyな方へeasyな方へ流れて行ってしまう気がします。ストイックな部分もあると思いますが、きっと将来の糧になると信じています。余談ですが、本件で現場スタッフに怒鳴った事が悔やまれます。病院へ行き、最終電車に乗り帰着ちょうど改札を出た処で、いきなり知らない番号の電話が鳴り。。。富山の先生に助けて貰いました。そこで、「部下に怒っていない?」と問われ「一度だけ叱った!」と返したら、「怒っても仕方ないでしょ。」と鼻で笑われ呆れられ軽くあしらわれまして…。先日、某お方からは「今年からは怒らないように…。」と言われており、今回の電話口でのサジェストは相当堪えました。(多謝)なので、これからは怒らない(叱る事は有っても)様に決意した所存です。(汗)故に、今回の合宿では参加者だけではなくスタッフやリーダーも皆、体験が糧になり勉強になりました。この様なきっかけを与えて下さりお預けになったご家庭の皆様には感謝・感謝です。お怪我は大変ご迷惑お掛けしまし人間万事塞翁が馬ではありませんが、これから良い方向に導かれ進ん行けたらイイなぁと感じています。でも今は、例えば、歩いていて何かに躓き転んでケガをしたとします。その時に、何に躓いて転んだのか考えるより先に、傷の手当てが必要な様に、今はゆっくり休養し気持ちのケアをしてください。そしてまた前に進んでみたら如何でしょうか?秋からまた皆様にお会い出来る事を楽しみにしています。この後、子ども達の夏休みの最後は、恒例の『男旅』です。今回の富山合宿同様にステータスの高いご家庭との信頼関係で成り立っている日本橋のお教室のレッスンの中でもスペシャルな旅の活動です。行き当たりばったりかもしれませんが、東京のびのび教室を開校した動機でありますが、他団体はプログラムやタイムスケジュール重視で融通が利きにくいのです。「何時何分までに目的地に着かなくては。」というように。しかし、人生を楽しむにはもっとフレキシビリティのあるプランが必要なのです。美しい花があれば立ち止まって話をし、誰かがプログラムにない面白そうなものを途中で見つければ、それにもチャレンジする。そういうことって学校も教えてくれませんよね。東京のびのび教室はいつまでも、「のびのび流」にこだわり活動します。幼児と小学生のパークスクールでお会いしましょう。平成最後の夏休みご参加ありがとうございました。この臨場感は参加してみないと分かりませんよ…。希望と言う名の未知なる道ですが。
追記:
個人指導も評判ですが、嬉しい先程メールを頂きました。
『合宿では大変お世話になりありがとうございました。学校のプールの後半が先日終了し、3級に合格する事が出来ました。本人も、努力した末の合格を手にした事で自信を得たようです。家族で喜び、りゅう先生にも報告したいねと連絡させていただいた次第です。』
すぐ短期で出来る様になる楽しみ、長く継続して行く事の喜び。訴求し続ける事が成長に繋がるのですねっ。変わらず変わって行くスローで不思議な東京のびのび教室を引き続き宜しくお願い致します。決して怪しくありませんから。ww

更新日:2018年8月14日(火)

夏休みこども日帰りデイスクール体操教室

クリックで拡大 お盆の真っ最中ですが、東京のびのび教室パークスクールの子ども達は元気に活躍中です。夏休み期間中は、スケジュールが一杯だから宿泊夏合宿は…。まだ年齢的にも宿泊は…。とのご要望から、今夏もホームステイ以外でも個人指導の体操レッスンや8月の日曜日に開催した日帰りデイサマースクール体操教室を行っています。画像は、8/5の活動ですが、まるで避暑地の軽井沢にも来たかの様。日帰りツアーでも少人数制ですから盛りだくさんのアクティビティです。東京駅を出発して軽井沢ではなく東京都内夢の島公園に到着。今夏は非常に暑いので室内体育館の利用しましたので、往復の移動と植物園までの数分程度、また帰りに木登り等のアウトドアスポーツをした以外は全部室内の活動でした。たまに体力温存で良かったかもしれませんね。午前中は、熱帯植物園の見学やジャングルレストランでの昼食、さらには環境映画鑑賞やヨットハーバー見学など幼稚園や小学校の自由研究などにバッチリでした。午後は、東京オリンピックのアーチェリー会場にもなっている場所で、ちょっと的当ての様な遊びもしましたが、これが大盛り上がりでした。またブーメラン等の珍しい体験も。さらには工作クラフトは、女の子が多かったので、アクセサリー作りになりました。男の子もブレスレット熱心に作っていましたね。もちろん、体操教室の縄跳びレッスンもしっかり行います。個々の目標の連続二重跳びや連続前まわしなど集中練習でしっかり訴求できましたね。帰路は夕刻でだいぶ涼しくなったので、画像の通り木登りにも挑戦しました。本当に盛り沢山のプログラムの1日でした。まだまだ子ども達の夏休みが続きます。有意義な時間を過ごして下さいね。そしてまた引き続き秋からの日帰り体操教室でお待ちしています。9月2日秋の新学期子ども体操教室・運動会対策かけっこ短距離走は初めてビジターでもOKです。皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

更新日:2018年8月4日(土)

2018子供体操教室サマースクール合宿

クリックで拡大 手厚い指導の国内ホームステイスタイルのボーディングスクール合宿。体操教室サマースクールが千葉県の所有の施設にて3日間の旅が無事終了です。(多謝)募集では1泊2日の受付でしたが、会員様のご要望により1泊延泊しての開催でした。しかも跳び箱メインのキャンプが、画像の通りスイミングプールレッスンに変更できたのも少人数制の小回りの利く運営であり、ご参加の会員様のご理解があってこそ成り立っています。お顔の見える信頼関係からの東京日本橋の会員制の子ども教室。8月も引き続き開講しています。今回は、いつも人気の東京スタッフいくみ先生だけではなく所有施設の合宿所現地講師の大竹先生やけいこ先生などのお力添えもあり非常に手厚い指導となりました。ここまで真剣に子ども達に向かい合えるのが信頼の証。期間中叱られてしまう事もありますが、きちんと理解して貰えるまでどんなに時間が掛かってもお互い話し合う事。ご学友に「叱られて当たり前だよぉ〜。」と言われてしまう場面も多々ありましたが。伸び代は大きく成長した3日間であったと確信しています。初日の現地の先生のお宅でのカレー作り。二日目の自由研究での新聞作りからスイミングレッスン。現地先生のお店は定休日でしたが開けて頂きお食事会と本格的なお持ち帰りクラフト自由工作、更には夜中の昆虫最終回など。最終日は、合宿所の畑のトマト収穫体験から完成率100%の小学生サイズの大きな跳び箱を見事4段跳べました!帰路は、東京湾観音に立ち寄り絶景を眺めながらの男子トーク炸裂!(ナイショ)まるで男旅でしたね。これだけ盛りだくさんの大勢の講師陣対応は、よくご参加頂いているお子様だからこそお互いお顔の見える信頼関係から出来るプログラム展開でした。長い長い夏休みのたった3日間でしたが、いつもと違う環境から仲間に感化され先生に刺激を受け確実に表情も変わった夏合宿でした。ホームステイスタイルは、ご家庭環境に合わせてご対応できるスペシャルなキャンプです。是非またこの臨場感を味わいにいらして下さい。
追伸:
差し入れや美味しいお品のお気遣いありがとうございました。

更新日:2018年7月18日(水)

はじめてしっかりサマーキャンプ2018終了

クリックで拡大 海の日の3連休は幼児と小学生の為の「初めてしっかりサマーキャンプ」が無事に終了できました。如何でしたか?初めての夏休み合宿生活は当然の事ながら、はじめてだけではなく『しっかり』サマースクールですから、とても大変だったキャンプに違いありません。「自分の事は自分で!」をテーマに時間が掛かってもやり抜く姿勢の積み重ねが大切です。指示行動の連続が子ども達を強くします。もちろんその過程には話を聞く態度や集中する事は言うまでもありません。当教室の会員様でも多くの方が、シッターさんやお手伝いさん、ヘルパーさんが活躍して下さる生活環境でお育ちの方も多くいらっしゃいます。もちろん、お父様お母様もサポートしている事は間違いありませんが、何でも子どもにやって差し上げる事だけが優しさではありません。ですから、本宿泊体験では子ども達は今までご家庭での支援に頼らずに自ら行う事により「タイヘンだなぁ〜。」と感じてしまうのは正直なご意見だと受け取っています。この大変さをご家庭に戻りフィードバックし、ここで終わるも良し。でも、これを気付きやきっかけにしてさらに子ども達を伸ばして差し上げる事も重要な親業だと認識しています。大変だったと言う事は、今までの生活で足りなかった事があるはずです。今日までそして明日から。引き続き子ども達の伸びしろを信じ有意義な夏休みにして見ては如何でしょうか?現地プログラムは、今夏の早々の猛暑の為、例年よりだいぶと言うよりもかなり活動量を抑え、また、所有施設の合宿所室内でのプログラム展開としましたが、初日の海での浜遊びから現地でのお祭り参加。2日目の体操教室では、生まれて初めての跳び箱も全員完成100%出来たね〜。お出かけでは足湯ですが温泉にも入りました。夜は絵手紙教室です。最終日に限らずお庭の畑の収穫体験は、トマトが真っ赤でおかわり続出。生活巧緻レッスンやクラフトで工作のお土産付き。盛りだくさん過ぎる少人数制のキャンプですから本当にお疲れ様でした。またいつでもチャレンジしに来てください。みんなの背中が疲れた中にも何か成長の跡を物語っている様な感じがします。これから始まる子ども達の2018夏休みが楽しみですね。次回2019年サマースクールに続きます。お疲れ様でございました。
一覧はこちら