東京のびのび教室 「こどもQ&A・スタッフ日記」〜子どものキャンプやスキースクールなどの紹介。また、スタッフの日ごろの活動日記や質問コーナーも公開。〜
東京日本橋の幼児と小学生の為の少人数制子ども専門アウトドア型スポーツ幼児教室です。新しいスタイルの日曜日の体操教室レッスンは、パークスクールと名付け登録商標です。また、JR東京駅集合の夏休み幼児と小学生のサマーキャンプや東京発宿泊型の冬休みジュニアバッチテスト合格を目指す子どもスキースクールや春休み子供専門スキー教室もあります。全てのスクールレッスンは、『東京のびのび教室』の会員専用ホームページにて現地よりリアルタイム日記を公開していますが、一般の方にもご覧頂けるように本ページで子ども達の活躍の一部を公開します。現地のレッスン日記やスタッフの日々の出来事、さらには、最新のスクールイベント情報をご案内。
パークスクールの最新情報はこちら スキー教室と国内ホームステイボーディングスクールお問い合わせとお申し込みこの時期お勧めのスペシャルスクール

子どもの跳び箱、縄跳び、鉄棒のコツ平日限定で人気のりゅうお先生が直接個人指導唯一の年間型子ども体操教室で伸びる

『2019夏休み子どもサマーキャンプ宿泊合宿は少人数制スクール』
(所有の施設でのホームステイスタイルのボーディングスクールはどこよりも少人数制。)

Youtubeへ夏休みサマースクールチャレンジの動画公開中!

こどもQ&A スタッフ日記一覧

更新日:2019年8月19日(月)

サマーキャンプ延泊からのホームステイ

クリックで拡大 少人数制と言うよりも一人一人に合わせたサマースクール形式なのでファミリーに合わせた、また、お子様の成長過程に合わせて大切に子ども達をお預かりしている東京日本橋のお教室です。所有の南房総海の合宿所での延泊は、近隣の海浜プールにて年中さんの初めてのプールデビューで水泳にチャレンジしました!もう3歳より個人指導等でお通いになり合宿所もすでに3回目のシーズンで宿泊体験。初めてのスイミングですが、画像の通り見事なジャンプでしょ。(今時どこのプールでも飛び込み禁止ですが、ココは監視員も居てオッケーです。ww)短時間ですが、水慣れからお顔付け、伏し浮きやダルマ浮き、勿論バタ足や蹴伸びまでレッスンしました。ホームステイは個人指導ですからバリューがありますね。最後は、バタ足蹴伸びで5メートル以上は息継ぎなしで泳げました。本人も反対の壁まであとちょっとで悔しそうにでも、水中に有るマーカーを頻りに自信満々で話していたのが印象的です。ご褒美にフェリーにて対岸の神奈川県までプチクルージングです。デッキの甲板では、カモメさんに餌上げなど楽しみましたよ。宿泊を伴うので生活面が大変ですが、そこが伸びる臨界期のポイントです。可愛い子には旅をさせよ。来年の夏休みが今から楽しみですね。本当にお疲れ様でした。と言いつつ、実は翌日には東京駅出発の日帰りデイスクールにも参加するタフさです!続きはまた日記を更新しますね。本当によくやり切り頑張りましたよ。

更新日:2019年8月16日(金)

2019子どもチャレンジサマーキャンプ

クリックで拡大 東京日本橋のお教室を飛び出して南房総にある所有の合宿所にて、親元を離れた4日間の合宿が無事に終了出来ました。ご参加の皆様ならびにスタッフやいくみ先生・みきリーダー、現地の先生方もお疲れ様でございました。様々お気遣い頂き感謝しております。現在台風が接近し、先週も台風の影響でうねりが高かったのですが、特に安全に配慮した海での波遊びは楽しかったね。幼児の年少さんと年中さんが活躍し初日は浜遊びで素敵な貝殻を沢山見つけました。2日目の海の日は、プチ遠泳も楽しみました。夜の絵手紙教室のお葉書はご家庭に届きましたか?3日目は、ちょっとお出掛けの山の日でした。神様の水を汲みに出掛け神秘的な山奥に湧き出るお水は冷たくて美味しかったです。帰りに保田小学校の道の駅も観光しました。最終日は、お庭のトマトの収穫体験や海のクラフト(工作)をして、帰着までは大きな水鉄砲をプレゼントして貰いみんなで涼みました!今回は、東京へ帰着チームと延泊チームに分かれての行動です。東京帰着は、不可抗力ではありますが、首都高の大渋滞で遅くなってごめんなさい。無事にお子様をお引き渡し出来てホッとしております。延泊チームは、翌日は、海浜プールでのスイミングレッスン。初めてプールで泳ぐ年中さんのお嬢様は、海での波遊びからか、みるみる上達し蹴伸びバタ足で泳げるようになりました!ご褒美で、東京湾フェリーに乗って対岸の神奈川県にプチクルージングです。船内ではデッキでカモメのエサ上げなど楽しみました。そして、ナント最終日の日曜日は、合宿所を出発して、東京駅で上田先生が待っている日帰りデイスクールに合流。続きは後程またアップしますね。大冒険の4日間のチャレンジキャンプですが、どこよりも少人数制がステータスの証。目の前の子ども達に真剣に向かい合い、様々なプランでお出迎えをお約束します。これはきっと他団体では出来ない術ですね。すでにご参加のメンバーは、継続特典にて「2019冬休み子どもスキーテックin菅平高原」へのエントリーも頂戴しました。(多謝)これからも一人一人のお子様に合わせた最適な指導で子ども達の成長をサポートします。まだまだ続く夏休み。今回の宿泊夏合宿を振り返り、何が出来て何が足りないか?合宿所での生活を思い出して、これからの糧にして欲しいなぁと感じました。ご参加ありがとうございました。またお会いしましょう。
一覧はこちら